2008年06月27日

米国がついに北朝鮮 テロ支援国家指定解除

北朝鮮は26日、核計画の申告書を6カ国協議の議長国、中国に提出した。これを受け、米政府は同日、見返り措置として北朝鮮のテロ支援国家指定などの解除を決め、議会に通告した。拉致事件を“置き去り”に解除に踏み切ったことについて、ブッシュ大統領は、「拉致された日本市民のことを忘れない」と強調した。しかし、制裁という有効なカードを失った結果、先に北朝鮮が約束した拉致事件の再調査の実施などでどれだけ北朝鮮に迫ることができるのか、日本政府の姿勢が問われる。

 【北京=矢板明夫】北朝鮮の崔鎮洙駐中国大使は26日午後、中国外務省を訪れ、6カ国協議議長の武大偉次官に申告書を提出した。関係筋によると申告書は約60ページで、核施設、核開発計画、プルトニウム抽出量などを記載。抽出プルトニウム量は38キロ前後としている。核兵器の情報は含まれず、高濃縮ウラン開発と、シリアの核開発協力にも触れていないもよう。

 中国は申告書を直ちに各国に配布し、それぞれが本国で評価と検証方法を検討。7月第1週にも北京で6カ国協議を再開し、申告内容の検証と、核施設の廃棄、解体など完全廃棄に向けた第3段階の措置などを議論する。

北朝鮮は進展を印象づけるため、27日に寧辺の核施設の冷却塔を爆破、6カ国協議参加国のテレビで爆破場面を放映させるという。
ーーー産経ニュースより引用ーーー


ついに米国がテロ支援国家指定解除を発表した。

テロ支援国家指定解除と経済制裁解除という2つのカードを手にした北朝鮮。


拉致問題は最悪の形で決着がつく可能性が濃厚になって来た。


米国と北朝鮮の国益をかけた外交に日本が翻弄された形だ。

このまま、最悪の事態になるのでは、今まで何十年と闘ってきた被害者家族の努力が水泡と化す。それはあまりに忍びない。


このならず者国家に一杯喰わされたまま終わるのでは情けなさすぎる。

だがこの事態を好転させるには福田の反応は期待薄だ。


北朝鮮が提出して来た申告書の内容のあまりの薄さ、すでに使用されてない核施設の冷却塔の爆破などという目眩ましのパフォーマンス。

何故、日本は此処まで小馬鹿にされる国に成り下がってしまったのか?


ガツンと物が言える骨のある政治家は日本にはいないのか?


応援お願いします。拉致問題このままでは終わらせない!と、思った方はクリックを!

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 豪 at 02:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。