2008年07月05日

シナで日本大使館員 襲われる

8月にオリンピックを控えたシナです。 国威高揚、国家の威信をかけて開催される訳ですが当然、国を挙げてテロ対策、戦時体制で警戒に当たっているという報道がつい最近流れたばかりですが…。



実はこんな事件がおきていたようです。
日本大使館員襲われる 厳戒の北京、刃物男を拘束
ーーー2008.7.4 14:46産経ニュースより引用ーーー

北京の日本大使館は4日、同大使館近くの路上で3日昼すぎ(日本時間同午後)、日本大使館員の男性(27)が刃物を持った中国人の男に背後から襲われ、逃げようとした際に右手首に軽いけがを負ったことを明らかにした。男は近くにいた武装警察官に拘束された。
大使館員はコンビニエンスストアで買い物をして外に出たところを羽交い締めにされ、別の場所に行くよう脅されたという。金品目当てとみられるが動機など詳細は不明。大使館は「襲った相手が日本人という認識があったかどうかは分からない」としている。五輪を8月に控え、北京市内は警備当局が厳戒態勢に入っている。
 現場は目抜き通りの長安街に近く各国大使館が集中する地区。中国政府は事件を受け、日本大使館側に遺憾の意を示すとともに「個別の事件であり一般の日本人への脅威が高まっているわけではない」とした上で「男は精神障害の疑いがある」と説明したという。





だいたいですね、オリンピックは平和の式典なわけで、国内で頻繁に起きている民衆の暴動やテロ対策で戦時体制っていうのがすでに北京でやるオリンピックって何なの? という感じですが…。


今から、こんな感じだと本番中はホント何がおこるかわかりませんね。



なんかですね、環境汚染も随分騒がれてますが、体調を崩す選手が出たり、シナ人以外の選手に食中毒者が出たり、日本人選手がメダルとか取ったら暴徒に襲われるんじゃないかとか想像しちゃいます…。

無事では済まない。そんな気がするのはボクだけでしょうか?


応援お願いします。今からでも遅くない。北京オリンピック考え直した方がいい。と思う方はクリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 豪 at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。