2008年07月11日

ヤバい中国人

ブッシュ大統領が北京五輪に参加するのは、何か政治的思惑があるのでは?と
思う内容の記事をエントリーしましたが最近、発売された「ヤバい中国人」という本の中に二宮清純さんと青木直人さんの特別対談が掲載されており、その中に興味深い記事がありましたので一部、引用させていただきます。
ーーーーーー
北京五輪には無視できない問題があります。今回、ワールドワイドパートナーというスポンサーが12社あって、そのうちの半分がアメリカなんですね。日本はパナソニック一社で、韓国はサムスン一社ですがアメリカのコカ・コーラやレノボ(中国のレノボグループてIBMのパソコン事業を統合した企業)、VISAなどは、みんなキッシャンジャーが顧問をしている企業なんですよ。北京五輪には、中国で独占的な力を持っているビッグビジネスが中共の幹部と手を結んで支援しているというカラクリがあるんです。この五輪には露骨な形で米中協調路線が出ているんです。アメリカの選手団の名誉会長はブッシュ大統領のお父さんだしヨーロッパからオリンピックのボイコット案が出たときもブッシュ大統領だけは一貫して北京五輪への参加を表明していましたから。
今回、ブッシュ大統領は何が何でも開会式に行くと言っていますが中国という巨大な市場でアメリカ企業の権益を守るというメッセージが込められている。 人権よりもビジネスという点では、ブッシュと胡錦濤の利害は一致している。チベット問題にしても民主主義と人権の旗を掲げているはずのアメリカが何も言ってこなかったことがおかしいわけですから。東西の覇権主義国家同士が手を握ったオリンピック。主催 中国、後援 米国、公認ICOですよ。


【キャシンジャー
ヘンリーキャシンジャー】
ニクソン時代の国家安全保証担当大統領補佐官を勤めた人物。
アメリカの対中外交に強い影響を持ち、現ブッシュ政権においても指南役として活躍している。キャシンジャーが設立した国際コンサルティング会社 キャシンジャー アソシエーツはアメリカ巨大資本の中国市場進出をサポートしてきた。
ーーーーーー



結局は少数派民族は大国の利権や国益に翻弄されてしまっているという現実をつきつけられた記事でした。



グラフィック0711.jpg
別冊宝島 
出版社:宝島社 判型:B5変  発行年月:2008年7月 ISBN:9784796664479 
価格:880円(税込)



応援お願いします。ブログランキング・にほんブログ村へundefined
posted by 豪 at 15:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。