2008年08月07日

活動家が次々拘束される中いよいよ明日オリンピック開催

「フリー・チベット」横断幕掲げた英国人4人連行

8月6日15時3分配信 産経新聞
 【北京=白岩賢太】新華社電によると、北京市北部にある五輪メーン会場の国家体育場(愛称・鳥の巣)の近くで6日未明、チベット独立を支持する横断幕を掲げた英国人4人が、警察当局に拘束され、取り調べを受けた。
 英国人は男性3人、女性1人。6日午前5時ごろ、「フリー・チベット(チベットに自由)」などと書かれた横断幕2枚を掲げ、国家体育場近くの北京橋の上を歩いていたところ、警官が駆け付け、4人を拘束した。北京五輪組織委員会によると、4人は警官の中止命令に従わなかったという。
 中国では集会やデモ行進などをする場合、事前に公安当局に申請し、許可を受けなければならない。同組織委は「競技場周辺では横断幕などの持ち込みや掲示、デモ行進を禁止する明確な法律があり、こうした行為は許されない」としている。
グラフィック0807.jpg
(メインスタジアムの国旗掲揚のためのポールに国旗よりも先に掲げられたフリーチベットの横断幕。…プッ。)

続いて本日もこんな拘束事件があったようです。

天安門広場で米国の活動家3人を拘束
2008.8.7 13:14

 北京の天安門広場で、公安関係者に拘束される米国の宗教団体の活動家の男性と女性(中央2人)=7日(共同)

 北京の天安門広場で7日、中国政府による人権弾圧を糾弾する記者会見を開こうとした米国の宗教団体の活動家3人が中国当局に拘束された。

 天安門広場では6日にも、米国人3人が「イエスは主」と書いた横断幕を広げ、公安当局者に拘束された。また、同日早朝、五輪のメーン会場、国家体育場(愛称・鳥の巣)近くで、チベット独立支持派の米国人と英国人の計4人が「チベットに自由を」と書いた横断幕を掲げて拘束され、その後、国外退去を命じられた。(共同)
ーーーーーー
また、ウイグルでの取材中に日本人記者が2人拘束され暴行を加えられる事件などもあり人権抑圧、報道管制を始め、何ひとつ改善されていないどころか、悪化の一途を辿る中でごり押しに開催までこぎ着けたオリンピック。
明日いよいよ開会式ですが始まる前からこの様子では、いくら中央政府が規制してもあちらこちらで拘束者が出まくることが予想されます。

他にも、いよいよ現地入りしたアメリカの選手団が空港に到着するなり、防塵マスクを着用し中国側から過剰反応と顰蹙をかっているようですwww

未知なる環境汚染大国ですから万全のコンディションで競技に挑みたいという選手団にイチャモンつけるのは酷ってもんです。

防塵マスクだらけの選手団にフリーチベットの横断幕だらけの観客席。
ある意味前代未聞の開会式になりそうですwww

けど、フリーチベットの横断幕なんかは絶対にTVカメラには映らないように規制するんだろうけど。

応援お願いします。開会式に合わせて「フリーチベット」を叫ぼう!と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。