2008年12月09日

敵兵を救出した日本の武士道精神

【第二次世界大戦中の日英海軍によるインドネシア沖海戦で、漂流中の英兵422人を】
危険を顧みずに救助した旧日本軍の駆逐艦「雷(いかずち)」の故工藤俊作艦長をしのぶ
墓前祭(実行委員長・平沼赳夫衆院議員)が7日、埼玉県川口市の薬林寺で開かれた。
秘話を最初公表した元英海軍士官サミュエル・フォール氏(89)も出席し、
「あの日は人生でもっとも印象的な1日の1つ。(墓前に)感謝の念を伝えた」と語った。
墓前祭には旧日本海軍関係者や自衛官、英国側関係者ら約100人が出席し、
遺影の前で焼香して偉業に思いをはせた。墓前への献花では、高齢のため車イスを使う
フォール氏が「座ったままでは失礼」と立ち上がって敬意を表し、戦時に工藤艦長が
示した武士道に英国の騎士道で返礼した。
実行委員長代理の藤井孝男参院議員は「不幸な戦争の中でも相手を互いに敬う気持ちを忘れなかった史実を後世に残したい」と語った。8日には都内のホテルで顕彰式が開かれる。
ーーー 産経ニュースより引用 ーーー


【大戦中に英兵救助 旧海軍艦長を顕彰】
 第二次世界大戦中の日英海軍によるインドネシア・スラバヤ沖海戦で、漂流中の英兵422人を危険を顧みずに救助した旧日本軍の駆逐艦「雷(いかずち)」の故工藤俊作艦長をたたえる顕彰式典(実行委員長・平沼赳夫衆院議員)が8日、都内のホテルで開かれた。
約350人が出席するなか、工藤艦長の親族に顕彰状や盾が授与され、工藤艦長の偉業と大戦で命を落とした多くの兵士に思いをはせた。
 式典には救出秘話を最初に公表した元英海軍士官で、駐スウェーデン大使も務めたサミュエル・フォール氏(89)も出席。
高齢のフォール氏に代わってあいさつした親族は「人生を通じて(フォール氏は)勇敢だったが、それは工藤艦長の示した行動を規範とし、仰ぎ見てきたからだ」と述べると、フォール氏も深くうなずいた。
 また、雷の航海長だった谷川清澄さん(92)が「生前の工藤さんはほとんどこの話をしなかった。
われわれは、当たり前のことをしただけだと思っている」と述べると、会場は万雷の拍手で包まれた。
元イギリス海軍士官からのものだった。戦後はスウェーデン大使を務めサーの称号が与えられたサムエル・フォール卿(投稿当時86歳)だった。フォール卿は、大戦中のスラバヤ沖海戦で、日本海軍に撃沈された巡洋艦から海に放り出され漂流中のところを日本海軍「雷(いかづち)」に救助されたのだった。このときの体験をタイムズ紙に投稿し、敵兵救助を決断した日本の武士道を賛美し、その国の元首を温かく迎えようと国民に呼びかけたのだった。
ーーー産経ニュースより引用ーーー



先日も大東亜戦争に関するエントリーをさせていただきましたが、本日も。


毎回、言っていますが日本では先の大東亜戦争を侵略戦争とし先人達の行為を断絶することが横行しています。


この「駆逐艦 雷」の工藤艦長の行為は激しい戦闘の最中、敵兵に対し、危険を省みず救出を決断した日本海軍の武士道精神をよく表した逸話だと思います。


村山談話を始めとする捏造された歴史観や、旧日本軍の行為を残虐と断絶することばかりを継承するのではなく、連綿と受け継がれて来た武士道精神を先人達から継承していくことが大切だと思います。



ランキングに参加しております。
応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 13:10| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | 海軍・戦艦大和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豪さん、今晩は。

後世に、間違った歴史認識を継承させない為にも、
今一度〜日本国家として正しい導きをするのが先決ですね。

現政権のように、
河野談話・村山談話を脈々と継承し、
それ以外の歴史認識は罪人扱い。

これでは、
大海の藻屑と散った先人の魂が浮ばれません。
これ以上・・・武士道精神の火を消すわけにはいかない。そんな気概を重く寄せてきます。

政界再編には、このような国家観(歴史認識)を持った気骨な政策集団・・真の保守政治を願いたい。

応援クリック〜☆
Posted by reiko at 2008年12月09日 23:09
 こんばんは〜!
今日のNHK「クローズアップ現代」は田母神論文と、国民と自衛隊についてでした。村山談話が政府の公式見解?え〜〜っ、ただの談話でしょ?これを見ていた父が、ぼそっと「あの当時、自民党議員は反対してたのに、、、」そうですよね、お父さん。
でも、何も予備知識が無い人が始めて見たらどう思うか心配です。
 日本の歴史をずっと普通に勉強すると、大部分が「慈愛に満ちた志のある人物像」を残してる事に気付きます。突然、大東亜戦争の時に日本人が残虐になるわけないですよ。日本人の性質が急に変化するなんて有り得ない!恥と徳を知らない人の声が大きい事が問題ですね。私は人のこと言えませんが、、、とにかく、素晴らしい方達がいらっしゃったことに感激ですし、自分まで誇らしい気持ちになりました。
Posted by keiko at 2008年12月10日 01:36
reikoさん こんばんは!

確かに今の日本を見たら先人達はこんな日本にするために命をかけた訳ではない。と感じるだろうと思います…。


しっかりと先人達の意志を受け止め日本をおかしな方向へ誘導しようとする勢力に負けないようにしないといけないと思います。

まずはおかしな政治家を選ばないように気をつけないといけませんねw
Posted by 豪 at 2008年12月10日 02:42
keikoさん こんばんは!

お父様もシッカリと村山談話の本質を見抜いていらっしゃる方のようで。

頼もしいですね。


これはボクの持論ですが、先祖を敬う気持ちを失った民族は消滅していくのでないかと思うのです。

先祖とは今の自分をなす根幹の存在です。

その存在を毀損するということは自分を否定することになると思うからです。

正に日本は今危うい状況にあるのではないかと思っています。

先人達に感謝の気持ちを忘れずにいきたいと感じています。
Posted by 豪 at 2008年12月10日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

今そこにある危機(187)
Excerpt: 闘う!海上保安庁価格:¥ 2,100(税込)発売日:2008-04 「中国の海洋
Weblog: 行雲流水の如し
Tracked: 2008-12-09 19:57

今そこにある危機(188)
Excerpt: モンスター新聞が日本を滅ぼす価格:¥ 1,260(税込)発売日:2008-04-
Weblog: 行雲流水の如し
Tracked: 2008-12-09 21:18

フォール卿の墓参
Excerpt: フォール卿が墓参の願いを果たす 工藤俊作氏は私の命の恩人  工藤俊作海軍中佐(故人)との再会のために、この12月7日に、89歳の高齢を...
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2008-12-13 00:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。