2008年12月27日

ソマリア沖の海賊対策についに海上自衛隊を派遣

【日本から護衛艦派遣 ソマリア沖 麻生首相、対応明言】 12月26日8時1分配信 産経新聞

政府は25日、海上警備行動発令によるアフリカ・ソマリア沖での海賊対策について、日本から新たに護衛艦を派遣する方針を固めた。インド洋に派遣されている海上自衛隊の護衛艦を活用すると補給活動に支障が出る可能性があり、海賊対策に特化した派遣の方が、より実体的な任務が行えると判断した。ただ、派遣準備に十分な時間が取れないなどの問題もあり調整を急ぐ。
 麻生太郎首相は同日夜、首相官邸で記者団に対し「取り急ぎ日本も対応すべきだ。取り急ぎということであれば海上警備行動で対応する」と述べ、海警行動の発令で海自艦艇をソマリア沖に派遣することを正式に表明した。
さらに首相は「他国の船は助けませんではいかがか」と述べて、海賊対策の一般法の早期制定に意欲を示した。
政府は護衛艦1、2隻に補給艦1隻の陣容を検討。ソマリア沖の海賊多発海域に艦を配置し、通行する日本関係船舶から危険情報が入った場合に現場に急行することを想定している。
また、一義的に海上での治安維持を担当する海上保安庁との連携を強化するため、日本で海上保安官を同乗させて出航する。武器使用については、警察官職務執行法を準用し威嚇射撃や海賊側と同程度の武器での応戦を認める。
アジア諸国のうち、中国は海軍艦艇をソマリア沖のアデン湾に派遣、海賊対策で各国と足並みをそろえる姿勢を強めており、日本の存在感を示す意味でも海賊対策に特化した護衛艦の派遣は重要となりつつある。ただ、日本籍船の護送任務を優先する外務省と、海域での警護を念頭に置く防衛省との調整はついておらず、年内にも派遣する政府調査団の報告を踏まえ、さらに検討を進める。
ーーーここまで引用ーーー

ソマリア沖の海賊には日本タンカーもすでに被害にあっているのでこの判断は当然の成り行きではないかと思います。

ただ現行法では、日本籍の船舶しか護衛することが出来ず他国籍の船が海賊に襲われていても海上自衛隊は出だしが出来ないという問題があります。

それでは国際的にいろいろと批判が出るだろうと思っていたら、こんな案が出ているようです。

【海賊対策で自衛隊の武器使用限定容認=政府、海自派遣の一般法提出−外国船も対象】
12月26日2時45分配信 時事通信

海賊が多発するソマリア周辺海域に海上自衛隊の護衛艦を派遣するため、政府が検討している海賊対策新法の骨格が25日、明らかになった。護衛対象に外国船も含めたのが特徴。自衛隊に公海上で海賊を取り締まる権限を与え、警察官に犯罪予防や取り締まりに必要な手段を認めた警察官職務執行法(警職法)の範囲内で、武器使用も認める。期限を設けない一般法として年明けの通常国会に提出する。
 政府は現在、日本の民間船舶を護衛するため海上警備行動による海自護衛艦の派遣を検討している。ただ、その場合は護衛対象が日本国籍船や日本人の乗り組む船に限られることから、外国船も対象とするために新法制定が必要と判断した。政府は公明党や野党にも協力を求め、新法の早期成立を目指す。
ーーーここまで引用ーーー

麻生首相は今回、なかなか良い判断をしていると思います。ただ自衛隊を海外に派遣するとなると「9条に違反する」とリベラル左翼脳の人種が大合唱を始めることや、与党の政策や法案は全て気に入らず何でもかんでも反対を唱える民主党の存在が不安な要素となると感じます。
こういった方々には輸送ルートの安全が確保出来なければ自分達の今の生活にどういった影響が出るのか?よく考えていただきたいと思う訳です。

また、それこそ命がけで日本に燃料を運んでくださっている方々を見殺しにしろと言っていることに等しいことに気がついてほしいなと思います…。


ランキングに参加しております。
応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 01:09| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(5) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シーシェパードが、危険行為をして、日本の捕鯨調査船の邪魔をしています。大至急護衛艦を派遣すべきです。
政府の責任として、日本人の生命財産を守るためには、世界の果てだろうが自衛隊を派遣すべきですし、拉致被害者救出のために、自衛隊をつかうこともプログラムに組み込むべきです。
Posted by 小次郎 at 2008年12月27日 13:52
 こんにちは〜!
 「東京大空襲」は再放送です。イブにTBSで「あの戦争は何だったのか?」が放送されたのできっと日テレも放送したんだと思いますよ。

 中国に先を越されましたが、とりあえず海上自衛隊を派遣できるようで良かったです。ただ「自衛隊法」でどうすんの?って思ってたら、審議して下さるとのこと。豪さん、ちゃんと調べて下さってありがとうございます。(^◇^)
年明けの通常国会は、しっかり見守りたいです。麻生さんってやはり、政治家だったんですね。あとは上手く立ち回って下さる事に期待です。
Posted by keiko at 2008年12月27日 16:55
小次郎さん こんにちは!

またシーシェパードですか!


ソマリアが海賊ならシーシェパードは海のテロリストですからね。

自衛隊を派遣するべきだとボクも感じます。


現行法の中でも最大限、自衛隊の方々には活躍していただきたいと思います。


勿論、拉致被害者救出のためにも存分に活躍していただきたい。

それは主権国家として当然の処置であり責務であると感じます。
Posted by 豪 at 2008年12月27日 17:15
keikoさん こんにちは!

やっぱり再放送ですよねw

見た気がしたのは気のせいではありませんでしたw


海賊対策にせっかく自衛隊を派遣するのに日本籍の船舶しか護衛しないのでは世界から非難されますからね。

どうするのかな?と思っていたらこのニュースを発見しました。

調べたという程たいしたことはしてないんですがw

せっかく自衛隊を派遣するのですから隊員の方々には思う存分に活躍していただけるような法改正が速やかに行われることを願います。
Posted by 豪 at 2008年12月27日 17:22
豪さん、今晩は。

私も、今回の事で、麻生首相に賛意していたのに、
また優柔不断で、決断が出来ないでいるようですね。

仰るように、何か起る度に、
こんな稚拙な論議に終始するのではなく、
法改正し即効出来るようにして頂きたいものです。

兎に角、
国益の立場で、広い視点で論じて頂きたい。
(切望)

応援クリック〜☆
Posted by reiko at 2008年12月27日 23:26
reikoさん こんばんは!

コメント&応援クリック有難うございます。

国益に叶う法改正は迅速にドンドン進めていただきたいものですね!

今の政界は全く逆を行ってますからね…。

国籍法改正案など国益を損なう法案は迅速かつ国民不在で速攻で可決されて必要な法改正はなかなか進まない。

こんなおかしな状況はなんとか変えてもらいたいものです。
Posted by 豪 at 2008年12月28日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ソマリア沖に護衛艦派遣は当然。拉致被害者救出に自衛隊派遣も当然
Excerpt: 日本の漁船を守るのに、海上自衛隊を派遣するのは当然のことである。国民の生命財産を守れないなら、自衛隊の存在価値はない。武器使用の可否などは論ずるまでもあるまい。海賊と同程度の装備では、やられる危険性が..
Weblog: 拉致被害者全員救出!・荒木和博調査会代表を支持する勝手連
Tracked: 2008-12-27 07:32

今そこにある危機(236)
Excerpt: J Ships (ジェイ・シップス) 2008年 12月号 [雑誌]価格:¥ 1
Weblog: 行雲流水の如し
Tracked: 2008-12-27 08:11

ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認!
Excerpt:   ||| ソマリア海賊との全面戦争 国連承認 ||| ソマリア海賊の掃討戦、ついに全面戦争へ拡大か?国連が陸海空三軍の出兵を承認 広すぎる防衛海域に業を煮やした欧米各国、海賊の本拠地ソマリア..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-12-27 11:57

拉致被害者救出の最大の桎梏(しっこく)は村山談話……国際シンポジュウム西村眞悟氏
Excerpt:  北朝鮮人権問題啓発習慣に行われた家族会・救う会・拉致議連共催の国際シンポジュウムの講演集が救う会ニュースがドカンとまとめて届いたので、その中から、西村眞悟衆議院議員と荒木和弘代表のものを二度に分けて..
Weblog: 拉致被害者全員救出!・荒木和博調査会代表を支持する勝手連
Tracked: 2008-12-27 13:40

海上自衛隊の艦船をソマリア沖に派遣へ
Excerpt: 政府は、国際的に急務となっているソマリア沖などの海賊対策のため『海上自衛隊』の艦
Weblog: 本質
Tracked: 2008-12-28 16:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。