2009年01月19日

何が記念日なのか?全く意味不明 「農奴解放記念日」

「農奴解放記念日」を採択 中国チベット自治区
2009.1.19 12:14

 新華社電によると、中国チベット自治区の人民代表大会(議会)は19日、1959年に中国政府が「チベット動乱」を制圧し同地域の統治権確立を宣言した3月28日を「農奴解放記念日」とする議案を採択した。

 チベット自治区では昨年3月、区都ラサでチベット民族による大規模な暴動が起きており、記念日制定は思想的な引き締めを図るのが狙い。しかし、暴動後もチベット民族と漢民族の対立は深まっており、強い反発が出るのは必至だ。

 チベットでは59年3月、中国中国による統治に反発して住民らによる動乱が発生。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世がインドに亡命する一方、中央政府が同月28日に地元政府を解散し、自治区設立準備委員会が地方行政を担当するよう命じた。(共同)
ーーー産経ニュースより引用ーーー


シナの捏造悪癖もここまでくると救いようがありませんね。

良識の皆様には共通の認識ですがチベットに農奴などは存在したことはありませんし、従って解放されるような筋合いのものは何一つないのです。

あるのは、シナが軍事進行しチベットを侵略したという事実のみです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

そしてチベット独立を願うチベット人の虐殺や弾圧は今、この瞬間も続いているのです。


このような記念日が制定されること自体がチベットがシナの支配化の下にあるという何よりの証拠です。

シナの領土拡張の野望は止まることを知らず、その矛先は台湾にも向いています。

そして台湾を手中に収めた後は沖縄、日本を狙ってくることは明白です。


そのような状況の中、日本は残念ながら精神を骨抜きにされ平和ボケ左翼思想が蔓延り、シナを批判する声もチベットや台湾を支持する声もなかなか大きくならない現状です。
それどころか日本を自ら切り売りする売国勢力により内部崩壊の恐れすらある状況です。


チベットの出来事は対岸の火事ではありません。

シナに媚びを売ることしか出来事ない政治家は要りません。
少数民族独立を支持しシナ共産党と戦う気概のある政治家の台頭を期待します。
ランキングに参加しております。
応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 17:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豪さん、
こんばんは!
あいも変わらず強引な捏造がとどまるところを知りませんね。
まことにおぞましい限りです。
いまさらながら思いますが、まともな国のやるこっちゃありません…
Posted by lizard at 2009年01月20日 23:42
こんばんは!

シナの厚顔無恥さは怒りを通り越して呆れてしまいますねw

こんな国が世界の大国と言われるようになっていますが害毒を世界中に発散しないように早く消滅してもらいたいものですw
Posted by 豪 at 2009年01月21日 02:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「蟹工船」を読んで感動するのは勝手だが……
Excerpt:  今、「蟹工船」を読んで共産主義に傾倒している人が増えているとのことだが、彼らは天安門事件でどれだけの血が流されたのか。チベットやウイグルはどのようにして侵略されたのか、命を賭けて中朝国境の豆満江を渡..
Weblog: 拉致被害者全員救出!・荒木和博調査会代表を支持する勝手連
Tracked: 2009-01-19 23:44

勝者なき闘い・ガザの終りとオバマの始まり
Excerpt:     ||| 勝者なき闘い・ガザ戦争 ||| イスラエルもハマスも勝利を宣言する、中東の終わりなき民族抗争 明日に迫ったオバマ新大統領就任式と、ガザ戦争終結との因果関係 アメリカは国を..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2009-01-20 22:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。