2009年01月25日

硫黄島での遺骨収集が進展

硫黄島滑走路、島内移設へ 地下に眠る遺骨捜索要望受け
2009.01.23 15:02 朝日ドットコム

 太平洋戦争の激戦地として知られる硫黄島(いおうとう)にある海上自衛隊管理の飛行場滑走路について、政府は、島内の別の場所に移設する方向で検討を始めた。地盤の隆起や沈下で運航に支障がでてきかねないため。島内に張り巡らされた地下壕(ごう)の跡などには今も1万3千人以上の戦没者の遺骨が残されており、移設後、滑走路の地下の捜索・収集を進めたい意向だ。
 旧日本軍は戦時中、米軍来襲に備えて硫黄島の地下に陣地を築き、トンネルを張り巡らせた。その長さは約20キロに及ぶといわれる。米軍は壕の開口部をふさぐなどして、日本軍の将兵を殺害した。このため、厚生労働省の把握できていない壕が島内のいたる所にあって、その中に戦没者の遺骨が多数あるとみられている。
 現在の滑走路は幅60メートル、長さ2650メートル。防衛省によると、米軍が1945(昭和20)年、旧日本海軍の元山(もとやま)飛行場を利用して設置した。その後、68(昭和43)年に硫黄島を含む小笠原諸島が米国から日本に返還され、改修を経て、70年5月9日、防衛庁の飛行場となった。米海軍航空母艦の艦載機の夜間発着訓練(NLP)にも使われている。
 硫黄島周辺はもともと火山活動が激しい。防衛省によると、93年に大規模な改修をしたが、その後、滑走路の中央部や東端が沈下する一方、西端が隆起し、凹凸の差は最大80センチになっている。今年度から数カ年かけて、アスファルトで滑走路をかさ上げする大規模な改修を予定し、工事費の一部11億円の予算を今年度分として確保していた。
 ところが、戦没者遺族らから滑走路下の遺骨収集への強い要望があり、方針を転換。現滑走路は応急的な改修にとどめる。本格改修をしてしまうと、今後何十年も滑走路を掘り返すことができなくなり、遺骨収集ができなくなるためだ。
 防衛省はすでに昨年12月に測量会社と契約し、今年度中に、滑走路移設先の場所を検討する作業に着手する予定。新年度予算案にも、移設のための資料収集や現況調査の費用として1億円を盛り込んだ。これにあわせ、厚生労働省も、出入り口のふさがれた地下壕の調査費として2100万円を予算案に盛り込んだ。移設先が決まり次第、まず数カ年をかけて予定地の地下を調査し、そのあと現滑走路の地下の調査に移る。地盤をたたいて振動させたり、電気を流したりする方法で、地下の空洞(壕)を探す。
 硫黄島は東京の都心から南に約1250キロ離れているが、東京都小笠原村の行政区域に属する。1945年2月に米軍が上陸し、占領された。厚労省によると、日本側は約2万1900人が戦死。そのうち遺骨が収集されたのは昨年3月時点で8638人にとどまる。今なお1万3千人以上の将兵が本土に戻ってきていない。
ーーーここまで引用ーーー

普段、朝日新聞の記事はツッコミを入れたくなるか頭に来るかどちらかが殆どなんですが、今日は本当に珍しく嬉しく感じた記事を紹介します。

先の大東亜戦争で戦場となった太平洋の島々の中で最大の激戦地となり多くの死傷者を出した硫黄島。
戦後は昭和63年まで日本の行政を離れており返還された後は自衛隊関係者以外一般の人は立ち入り禁止で戦死された方のご遺族が慰霊に訪れるのみでした。


また、戦時中は地中深く掘られた壕の中で米軍との戦闘を行い米軍占領後は日本本土への爆撃地点として重要な島だったために日本兵の遺体の処理をせずに飛行場の滑走路の整備などを行ったので遺体は地中の壕の中か滑走路のアスファルトの下で野ざらしのまま1万3千人の遺骨が収集されず放置されていたのです。


硫黄島で朽ち果てた兵士達の家族へ宛た手紙に目を通すとそれぞれの家族への思いに戦後60年以上が経過しても遺骨が故郷へ帰ることの出来ない現状にとてもいたたまれない気持ちになったことがあります。

今回の件は戦後60年以上という正に時の経過のなせる仕組みですがこれを契機として硫黄島に止まらず南洋の島々で亡くなられた多く方々の慰霊がちきんと行われるようになることを切望致します。


ランキングに参加しております。
応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。