2009年04月11日

明らかにされていくNHK偏向番組の作り方A

■台湾の「親日」イメージ破壊としか思えない
戦後、台湾人に何の相談もなく突然彼らを他国へ譲り渡した日本に対し、「仕方がなかった。すまなかった」と一言言えばよかったのだと話す柯徳三氏。
そう言えば番組では、元日本兵だった台湾人も、「(台湾人は)みなしごになって捨てられた見たいだ。人をバカにしているんだ、日本は」と語っていた。番組は「日本統治の深い傷」を暴くとの文脈から、巧妙にもこの発言すら「日本統治」への怨み言として扱っていたようだが、怨みは明らかに台湾人の存在を顧みようとしない戦後日本に向けられていた。柯徳三氏はそのような戦後日本の「未来」のため、日本人に「過去と向き合わせよう」(台湾人と向き合わせよう)と話をしたのだが、NHKはそれを操作して、逆に台湾の「反日」イメージを強調したわけだ。まさに同氏が言うように「中共に洗脳された」がごとく、「台湾と日本との仲を引き裂こう」とするかのように。
これが視聴者への背信ではなくて何か、台湾人への侮辱的な利用ではなくて何か、そして柯徳三氏ら被取材者への裏切り、冒涜でなくて何かと言うことだ。
番組が「親日的とも言われる台湾で、今も残る日本統治の深い傷」と強調したところに、私は国内の反日メディア、さらには中国が警戒する台湾の「親日」(日本への深い理解)イメージを低下させようとの意図を感じないではいられない。柯徳三氏もまた「中共による洗脳」「中共への遠慮」があるのではないかとNHKを疑っている。
■台湾人の心の蹂躙をも厭わない強烈な反日番組
実は柯徳三氏は日本で『母国は日本、祖国は台湾』(桜の花出版)と言う本を出版されているが、そこにはこうある。
「今も日本の学校では、台湾のことがきちんと教えられていません。台湾が日本領だったということも、歴史の教科書に書いてはあるけれども、戦争のこともあって、近代史はきちんと教えられていません。教えられるとしたら、日本が悪いことをしたということばかりなわけです。だから、日本人は正しい歴史を直視していないと思います」
「大東亜戦争で、日本人が悪いことをした、悪いことをしたと、一生懸命、何十年も経っても謝っていますが、日本が戦争に突入していかざるを得なかった当時の状況を、日本人はきちんと学ぶ必要があるのです」
日本人のために、ここまで親身に心配してくれている柯徳三氏に対し、NHKはよくも裏切りに出たものだ。それどころかこの番組で、同氏が懸念する近代史の歪曲をやってのけた。そしてそのために同氏を利用した。
柯徳三氏はこうも書いている。
「台湾で育ったことのない日本内地人は、台湾という所に対して別に親しみも何も感じていません。それは無理もないことかもしれません。『台湾は中国の一部じゃないか』と考えている。NHKなどは地図でも台湾と中国を同じ色に塗っています」
中国の台湾併呑の主張にはっきりと従うNHKに、台湾人の人権を尊重するような顔で日本の台湾統治を糾弾する資格などあるのだろうか。「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」は始まったばかりだが、早くもその第一回で、台湾人の心を踏み躙ることすら厭わない強烈な反日宣伝の意図を鮮明にした格好だ。
--------------------------------------------------------------------------------
台湾の取材協力者をも侮辱!
国民の受信料で作られた反日洗脳番組に抗議を!
抗議先 NHK視聴者コールセンター  0570-066066
NHKスペシャル「感想・問い合わせ」 http://www.nhk.or.jp/special/
放送倫理・番組向上機構(通称BPO)ご意見送信フォーム
https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html
総務省・ご意見ご提案の受付
https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html


いかがですか?
こうやって番組内の発言の真意を一つ一つ取り上げていくと台湾の人達は日本の統治に不満を持っているのではなく、戦後にいきなり国民党に引き渡されたことに対して、不満があることがわかります。

それをあたかも台湾は反日のように、発言をトリミングし捏造して報道し日台離反を狙うかのような報道をするNHK。
我々国民から受信料を摂取しながら、中共の代弁者のような偏向番組を作り上げる姿勢はとても容認できるものではありません。

徹底的にNHKへ抗議の声を届けましょう!

日本ブログ村「政治・社会問題」
ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 01:45| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 反日マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我懷疑這是馮寄台和李長春在搞鬼
Posted by liau at 2009年04月11日 04:24
liauさん こんばんは!

コメント遅くなりましてすいません。


日本の公共放送がこんな馬鹿げた番組を作ったことを恥ずかしく思います。

また、台湾の日本語世代の方々の戦後の日本の台湾に対する態度に気持ちもシッカリと受け止めなければと思いました。
日本がもっとはっきりと台湾を応援できる国にしたいと思っていますからこれからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by 豪 at 2009年04月11日 22:32
台湾生まれの評論家である黄文雄氏は、「JAPANデビュー・第一回 アジアの一等国」に関して、次のように書いている。
「私は100パーセントが捏造と湾曲だと言い切ることができる。NHKのプロデューサー、ディレクターには、事実があるなら一つでも挙げてみろと言っておきたい。」
Posted by 民主党は日教組の政党 at 2009年07月04日 22:16
こんばんは。コメント有難うございます。

返事が遅くなりましてすいません!

ボクも黄文雄さんのご意見は本で読みました!
(なんの本だったかは失念しましたが…)

黄文雄さんの言っていることは100パーセントあっている。

間近いがあるならどこにあるのか説明しろとNHKには言いたいですねw

…というか聞くに耐えない嘘まみれの言い訳だけはしてますけどね。
Posted by 豪 at 2009年07月05日 01:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

時代はハイブリッドカーへ/BIG3ゾンビ部門摘出再生案
Excerpt:  ||| 2009年 NEWカーの NEWコンセプト |||  時代はグリーンカーへ、エコ重視のハイブリッドカーとエレクトリックカー展開  ビッグ3生き残りを賭けた会社再生案、ゾンビ部門とサ..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2009-04-12 07:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。