2009年05月02日

世界に愛された日本〜教科書に載らない歴史C【インドネシア独立に命を捧げた日本兵】

【インドネシア残留日本兵、宮原永治さんに旭日単光章】

第2次大戦後、インドネシアに残って対オランダ独立戦争に参加した宮原永治さん(89)が29日、春の叙勲で旭日単光章を受ける。残留日本兵の互助組織の運営に携わってきたことが評価され、「こんな栄誉をもらえるとは夢にも思わなかった」と話す。
 宮原さんの現地名はウマル・ハルトノ。日本統治下の台湾で生まれ、従軍してフィリピンなどを転戦後、インドネシアで敗戦を迎えた。「台湾に戻ると、敵だった国民党に処刑されるかもしれない」と考えインドネシアに残留。約900人の日本兵とともに独立戦争に参加した。半数以上が戦死し、約300人が独立後のインドネシアに残った。
 その後、日本の商社で仕事を見つけたが、生活に困窮する戦友が続出。79年に情報交換と助け合いを目的に107人の元日本兵で「福祉友の会」を結成した。元日本兵は宮原さんを含め4人だけになったが、遺族らが会を支え、会報の発行などを続けている。
 福祉友の会で顧問を務める宮原さんは、インドネシア人の妻との間にできた三女とその夫との3人暮らし。「インドネシア人は裏表がなく、親しみやすい。国内には資源も多く、 将来は立派な国になる」と信じている。
ーーーここまで引用ーーー



【旭日単光章】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
日本の勲章の一つ。1875年(明治8年)4月10日に制定され、2003年(平成15年)11月3日に改正された。“国家または公共に対し功労がある者の内、功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた者”に対して授与される。

インドネシアのオランダからの独立戦争に参加した宮原永治さん(89)が旭日単光章を受賞するというニュースが伝えられました。

ソースが朝日新聞なのが???ですが、ともかく嬉しいニュースです。

何度も言いますが日本では敗戦によりGHQの洗脳教育が徹底的に行われ、近現代史の真相がすり替えられ、日本は悪いことをした。あの戦争は侵略戦争だった。という自虐史観がまかり通っています。

真実を広めようと勇気を持って発言する人が貶められ、失脚したり言論を弾圧される実態がある中で今回の宮原永治さんの件は非常に有意義なことだと感じます。


image/2009-05-02T02:37:501

インドネシアのムルデカ広場に立つ独立の塔

イン
ドネシアの夜明け

【インドネシア独立を担った人々が語る日本人との心の交流。】

■1.二人のインドネシア人■

 大東亜戦争というものは、本来なら私たちインドネシア人が、独立のために戦うべき戦争だったと思います。もしあの時私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。
独立戦争中は情報面の責任者として活躍したズルキフリ・ルビスの言葉を聞こう。

 オランダに再植民地化をあきらめさせる中心となったのは義勇軍出身者でした。
日本がインドネシアにもたらしたもの中で、最も素晴らしかったことは訓練ですが、それがインドネシアの独立にとって最も重要な要素となったのです。
...もし義勇軍がなかったならば、インドネシアの独立は南米のスリナム共和国のように長期間かかっていたかもしれません。スリナム共和国は、オランダから独立するのにインドネシアの独立からさらに30年もかかりましたから。

インドネシアが独立の夜明けを迎えるのに、日本軍は大きな役割を果たした。それがどのようなものだったのか、この二人の証言を聞いてみよう。

■2.日本軍にびっくり■

 ルビスは大東亜戦争開戦時はジャワ島中部のジョグジャカルタの高校生だった。当時のほとんどの家庭は子供を学校に通わせる余裕はなかったが、裕福な旧家に生まれたルビスは限られた例外の一人だった。
1942年3月、突然、日本軍がジャワ島に攻めてきました。
町が急にあわただしくなってきました。
それまでオランダ植民地政庁はインドネシア人にとって絶対的な力を持っておりましたから、たとえ日本軍が攻めてきたとしても微動だにしないものだと思われていました。
しかし、ジョグジャカルタがあわただしくなって数日もしないうちにオランダ植民地政庁は日本軍に降伏してしまいました。
ジョグジャカルタでは戦闘もなく、あまりにも簡単にオランダが降伏したので、私たちはびっくりしてしまいました。
 インドネシア総督のチャルダは逮捕され、町にいたオランダ人たちもどこかに逃亡した。
それまでインドネシアを支配していたオランダ人がいなくなり、インドネシア人ははじめて自由というものを感じました。大人も子供も訳もなくオランダが敗れたことを喜び、興奮し、やがて日本軍が町や村へ来ると大歓迎しました。インドネシアでこれほど歓迎された外国人は、これまでなかったでしょう。
 ところが、ジョグジャカルタにやってきた日本軍を見ると、どの日本人も私たちと同じように小柄で、同じ色の肌をしているので、さらにびっくりしました。
■3.画期的な教育政策■

 日本軍がやってきた時、ナチールは33才、イスラム協会の会長として社会改革運動に従事していた。日本軍はオランダ植民地政庁を倒してくれたが、単に支配者が交替しただけかもしれない、と疑っていた。
 しかし、日本軍はナチールの予想もしなかった事を次々と始めた。第一に幽閉されていた独立運動の指導者スカルノ、ハッタを解放し、インドネシア側代表の位置につけた。第二にイスラム教に対する制約を撤廃し、マシュミ(インドネシア回教連合会)を作って、イスラム教の指導者達が初めて直接話ができるようにした。
 日本軍のやったことで三番目に注目すべきことは、インドネシアの教育に力を入れたことでしょう。
これもオランダの政策とまったく違っていました。オランダの植民地政庁は長い間愚民政策を採ってきました。インドネシア人を教育すると、目覚めてオランダに反抗するかもしれませんし、また、農業に従事するだけなら教育は必要ありません。
・・・学校に通うことのできるインドネシア人は全体の数%くらいではなかったでしょうか。・・・
 ところが日本軍は、やって来ると、さっそく教育に力を入れ始めました。戦争でいったん休校になった学校を再開し、すぐに3年間の初等国民学校と、その上にさらに3年間勉強できる国民学校作りました。・・・日本軍がきてわずか1年あまりで、それまでの倍近くの子供が学校に通うようになりました。
 日本軍は行政機構への現地人登用を進め、ナチールはバンドン市の教育部長に任命された。そして権限を与えられ、仕事を任せられた。これもオランダ時代にはなかった画期的なことだった。
 教育に関する日本軍からの命令は、オランダ語の禁止と、日本語、唱歌、教練を含めることだけだったので、ナチールはインドネシア人としての自覚を持たせるようなカリキュラムを組んだ。本格的にインドネシアの歴史を教えるようにしたが、これもはじめてのことだった。また日本軍からインドネシア語の外に地方語の教育も勧められていたので、バンドンで広く使われていたスンダ語の授業を取り上げた。

■4.熱心に仕事をする以外に独立を
実現する道はない■
 半年ほどもすると、バンドン市の属するプリアンガン州の内政部長として姉歯準平が赴任してきた。戦前に長くスラバヤやジャカルタの総領事を務めて、インドネシアとは関係の深い外交官だった。
 姉歯はよくナチールや市の有力者数人を集めては日本軍の軍政に関する意見を聞き、また自身の考えを語った。
 日本がインドネシアにやって来た目的は、インドネシアの独立を支援することで、日本人がここにいるのはあとわずかだろう。まずこれをしっかり頭に入れてほしい。 次に、将来、インドネシアが独立したなら、インドネシア人の中で首相が選ばれるだろうが、私は皆さんの中から首相が出ることを期待している。
 そう述べた上で、朝7時から午後2時までの定時間を務めればすぐに帰ってしまうナチールらを注意した。姉歯は6時頃まで仕事をし、さらに書類を家に持って帰って仕事を続けていたのである。
 インドネシア人は独立、独立と叫んでいるようだが、熱心に仕事をする以外に独立を実現する道はない。独立してもきちんと行政ができるように今から準備すべきで、そうでなければ、独立国としてやっていけないだろう。他の人はどうあれ、まずみなさんが率先しなければならない。
ナチールは恥ずかしい思いをすると共に、姉歯の考え方に共鳴した。










日本ブログ村「政治・社会問題」
ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
undefined
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

西村眞悟の時事通信 “明治節を文化の日にしたのはGHQ 昭和天皇のご生誕日を緑の日にしたのは” 
Excerpt: 今日は4月26日の“対馬は日本の縮図”の続き。西村眞悟という政治家というより、人間の奥深さ、豊かさ、そして国を憂う心に触れていただければ幸いである。 対馬と長野そして五島列島から沖縄 ..
Weblog: 拉致被害者救出荒木調査会代表支持勝手連
Tracked: 2009-05-02 06:58

メキシカン・ペーシャント 封印された患者ゼロ号
Excerpt:     ||| メキシカン・ペーシャント ||| メキシコで最初の感染患者は生きていた!養豚の町ラ・グロリアの隠された発生源 封印された患者ゼロ号、エドガー・ヘルナンデス(5才)の母が語る疑..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2009-05-02 14:32

今日は「憲法記念日」.別名国辱記念日。現憲法は改正ではなく破棄し、新たな憲法を
Excerpt:  今日はサヨクの紳士淑女が愛して止まない「『平和』憲法記念日」である。占領軍に国の根幹を為す憲法を押し付けられた日であるから、国辱記念日とするのが正しい。  施行されて既に半世紀以上たっている。..
Weblog: 拉致被害者救出荒木調査会代表支持勝手連
Tracked: 2009-05-03 09:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。