2009年06月01日

対北核技術流出 人とモノの監視を強めよ 科協幹部らの再入国禁止措置などを真剣に検討すべき

【主張】対北核技術流出 人とモノの監視を強めよ北朝鮮がミサイル発射に続き核実験を強行したことで、改めてチェックが必要なのは、関連技術が日本から北に流出していないかという点だ。
 万景峰号が日本と北朝鮮の間を自由に行き来していたころは、核やミサイルに必要な部品類が同じ船により半ば公然と北に渡っていた。
 2003(平成15)年、北朝鮮の元高官が米上院の公聴会で行った証言によると、北のミサイル部品の90%が日本からの輸入で、朝鮮総連を通じ、万景峰号で3カ月ごとに運ばれていたという。
 その後、税関の検査が厳しくなり、平成18年からは、経済制裁により同船の入港も禁止された。
だが、中国などを経由した不正輸出が後を絶たない。
 2007年、北朝鮮の核関連施設に対して国際原子力機関(IAEA)が行った査察で、ウラン濃縮に転用された日本製の真空ポンプが見つかった。
日本の捜査当局の調べで、真空ポンプは台湾経由で北に渡ったものと判明した。
 今年も、核開発に転用可能な磁気測定装置を東南アジア経由で北に輸出しようとした東京都内の貿易商社や、ミサイル運搬に転用可能な大型タンクローリーを中国の貿易会社を通じて北朝鮮の商社に輸出した京都府の会社が外為法違反容疑で摘発された。
 こうした迂回(うかい)ルートにさらに厳しい目を光らせる必要がある。
 また、日本の公安当局により、昨年10月から11月にかけ、在日朝鮮人の科学者4人がロシア・ウラジオストク経由で北朝鮮を訪問したことが確認されている。
在日本朝鮮人科学技術協会(科協)の幹部や顧問らだった。
 科協は、朝鮮労働党の工作機関「対外連絡部」の直轄下にあり、会員は在日の研究者約1200人にのぼる。国立大の研究機関などに所属した経験をもち、幹部級は“祖国訪問”した際に北の研究者と接触している。陸上自衛隊の最新型地対空ミサイルシステムに関する研究開発段階のデータが科協に流出したこともある。
 自民党の拉致問題対策特命委員会は北の核実験への追加制裁として、在日外国人の訪朝後の再入国の原則禁止を含む3項目を政府に要請することを決めた。
政府は科協幹部らの再入国禁止措置などを真剣に検討すべきだ。
 北への核・ミサイル技術の流出を断つには、人とモノの両面からの徹底監視が必要である。
ーーー産経新聞より引用ーーー


北朝鮮の軍事技術の大部分が日本からの流出により成り立っていることがわかる内容ですね。

つい先日も日本の技術者が北に拉致されその開発に携わっていたと思われる写真が話題になりました。

また、技術に関わる人材のみならず物、金の流出ルートも摘発されたものだけでこれだけあるのですから、実際には相当数のルートがあるのでしょう。

そして、それらの流出に間違いなく関わっている朝鮮総連とその下部組織。

これを野放しにしておくこと自体が日本にとって大きな損失を招くことになります。

手始めとしては仕方ないのかもしれませんが、再入国禁止とか生ぬるい処置ではなく、最終的には総連にしても民団にしても自分達の祖国に送り返すことが一番です。

何時までも彼等の嘘に付き合って日本に損害を出し続けるような真似は止めて貰いたいですね。

そのせいで日本は北朝鮮のロケットやら核により国防を脅かされ、国内では在日に浸食されたマスコミにより国民はミスリードされ国民の生活ではなく在日の生活が第一な売国政権を誕生させようとしています。

あまりに、無防備なままやりたい放題させていては何年か後にはどこかの党首の言っていたように日本は日本人のものではなくなってしまいます。

先人達の計り知れない努力により、継承されてきたこの日本という素晴らしい国を、次の世代にきちんと譲っていく為に、今 目覚めないと手遅れになります。
日本の崩壊はすぐ目の前に迫っています。

北の軍事行動をきっかけに一人でも多くの日本人が目覚めることを願ってやみません。

undefined

日本ブログ村「政治・社会問題」
ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 21:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは〜!

 留学生に補助金出してる場合ではないですよね。
 スパイ防止法が、今国会で成立しました。軍事転用可能な技術情報について、大学や企業に流出監視を義務付けたものです。

>現行法では、日本に短期滞在する外国人が技術や情報をUSBメモリーや電子メールで送付したり、帰国した外国人が第三者に情報を提供したりする行為は規制できない。新しい規制では、日本人、外国人を問わず、こうした行為はすべて対象となり、経産省の許可が必要となる。

監視はどの程度迄するんだって事になると思いますが、経産省が施行令を懲罰を含め具体的にまとめられるかが気になります。
Posted by keiko at 2009年06月02日 01:05
こんばんは!
コメント有難うございます。

確かに、スパイ防止法の制定は喜ばしいことですね。

これでやっと少しはまともになりますw

ただおっしゃるようにまだ穴も多いし、不十分な点もありますから今後どうなるか気になるところです。

Posted by 豪 at 2009年06月02日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ゲイツは本気だ。アジア防衛サミット声明
Excerpt:    ||| 暗黒のシャングリラ・北の核 |||  ゲイツ国防長官、シャングリラ防衛サミットで北の核とミサイルの脅威を警告 「北の核保有は、アジア地区だけでなく、世界に『暗黒の未来』をもたら..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2009-06-03 16:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。