2009年06月05日

鳩山さん 韓国との友好はほどほどに…。

民主党の鳩山由紀夫代表は5日、韓国の李明博(イミョンバク)大統領とソウル市内の青瓦台(大統領官邸)で会談した。
6月末に予定される麻生太郎首相と李大統領の日韓首脳会談に先だち訪韓することで「外交力」をアピールし、次期衆院選後の政権交代を印象づけることが狙いだが、逆に不安を増大させた面も否めない。
「考え方がかなり近いことを互いに確かめ合えた。私たちが政権を担う時は新しい日韓関係ができることを強く感じた会談だった」会談後、ソウル市内のホテルで記者会見した鳩山氏の表情は自信と誇りにあふれていた。
それほど李大統領は鳩山氏を丁重にもてなした。2人だけの会談は35分間に及び、李大統領は鳩山氏が代表就任後初の外国訪問先に韓国を選んだことへの謝意を表明。
李大統領が衆院選後の政権交代の可能性を見据えていることは明らかだった。
北朝鮮問題では、鳩山氏は「日韓両国は直接的な脅威にさらされている」と指摘。
李大統領は「日米韓がしっかり協力すれば、中国もその方向に動くだろう」と応じ、日米韓3カ国の連携の重要性を確認した。日韓自由貿易協定(FTA)も早期締結で合意した。
だが、鳩山氏の外交デビューに民主党は内心ヒヤヒヤだったようだ。特に安全保障面で韓国側に言質を取られると、政権交代後に混乱要因になりかねない。今回の随行団に前原誠司副代表や長島昭久衆院議員ら外交・安保通をずらりと揃えたのは、そんな懸念のあらわれといえる。それでも鳩山氏らしい「危うさ」も露呈した。
李大統領は「鳩山代表は日韓関係や在日韓国人問題で進んだ認識を持っている」とにこやかに語りかけた。定住外国人への地方参政権付与に賛同している鳩山氏から言質を引き出そうとしたことは明らかだ。
鳩山氏は記者会見で「(会談で)地方参政権について直接的な会話はなかった」と説明したが、「政権をとった時は必然的になるのは間違いない」と地方参政権付与に重ねて意欲を表明した。また、会談で鳩山氏は李大統領に「一部に過去の侵略行為や植民地化を美化する風潮もあるが、私たちはそのような立場をとらない。私たちは過去の歴史を直視する勇気を持っている」と断言した。
この言葉の重みは鳩山氏が政権をとった後しか分からない。
ーーー産経ニュースより引用ーーー


( ´ー`)y─┛

相変わらず、???な発言の応酬の鳩山代表。

外交デビューを果たし、李明博大統領との会談も無難にこなし大満足のご様子ですが…。

一番、政権交代の可能性の高い野党の党首としては、日本にとって危うい発言の羅列ばかりのような気がします。

それに韓国の大統領に好かれたからといっても良いことなどきっとありません。
それは歴史が証明してくれています。

あの国のあの法則(歴史と実例が証明する朝鮮半島の法則) 

http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/housoku.html

《絶対法則》

第一法則国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。

第二法則第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。

第三法則第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある

第四法則第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。

第五法則 第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。
第六法則第3・第4則において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

《諸法則》

第一法則日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、 韓国製又は半島製にされる。

第二法則日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが、韓国か ら嫌われていると、必ず回避出来る。

第三法則日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。 (日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。)第四法則海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、 本当の日本人で無い可能性が高い。

第五法則自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。

第六法則韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり 悲惨な末路を歩む。

第七法則朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する 。

第八法則法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある 。

第九法則たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動する。

第十法則たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動しない。

第十一法則 あの国に深く関わり且つイメージキャラクタ等、象徴的存在になってしまった場合、 その人物は法則発動体となり、その人物に関わると直接・間接関係なく法則が発動する。また発動体はこちらの意志とは関係 なく一方的に関わってくる為、 ほとんど 回避不可能である。

《歴代の戦争》  歴史上、法則の例外は確認されていない。

唐(勝ち)vs 日本 +百済(負け)(白村江の戦い)

イスラム帝国(勝ち)vs 唐 + 高句麗人の総大将(負け)(タラス河畔の戦い)

日本(勝ち)vs 元 + 高麗(元寇)(負け)

明(勝ち)vs 日本 +朝鮮(負け)(文禄の役)

日本(勝ち)vs 明 + 朝鮮(負け)(慶長の役)

清(勝ち)vs 明 + 朝鮮(負け)(明滅亡)

日本(勝ち)vs 清 +朝鮮(負け)(日清戦争)

日本(勝ち)vs 露 + 朝鮮(負け)(日露戦争)

ソ連(勝ち)vs 日本 + 朝鮮(負け)(シベリア出兵)

アメリカ(勝ち)vs 日本 + 朝鮮(負け)(大東亜戦争)

ベトナム(勝ち)vs アメリカ + 韓国(負け)(ベトナム戦争)

番外編(引き分け)
アメリカ + 韓国vs 中国 + 北朝鮮(朝鮮戦争)

イラク + 北朝鮮vs多国籍軍 + 韓国(イラク戦争中、北朝鮮がイラクの戦果を誇大報告。フセイン一族崩壊&イラク治安回復せず)

日本史版「あの国の法則」

・大和朝廷、新羅などに出兵→半島を攻めた大王の家系、氏、2代で滅ぶ。

・天智天皇が百済に援軍派遣→日本水軍、唐水軍に惨敗。撤退時に多数の百済人同行→近江朝廷、2代で滅ぶ。

・奈良時代に新羅から天然痘が上陸、大多数の日本人死亡。→当時の政権トップの藤原四兄弟、天然痘で全員死亡。

・藤原仲麻呂が新羅征伐を計画→反乱を起こして妻子一族共にあぼーん

・平安時代に新羅海賊が九州沿岸を荒らし回る。→比較的平和な世が長期間続く。国風文化隆盛で日本精神の基礎が出来上がる。

・元寇で高麗軍が進んで対馬・壱岐・北九州住民を虐殺しまくる→対馬・壱岐・北九州住民が倭寇と化し半島に逆襲→倭寇に便乗して大勢の<丶`∀´>が倭寇を名乗り暴れる(諸法則@第四法則の元祖)→倭寇(<丶`∀´>大半)が大きな原因となり高麗あぼーん(壮大な第二法則発動)

・琉球の中山王が朝鮮市場への開拓を進める→中山王、2代で滅ぶ。 (それ以降の尚氏は息子を名乗ったが別家系)

・足利義満が半島との国交を回復させる。日朝貿易開始→将軍クジ引き決定・徳政令乱発・応仁の乱誘発などで室町幕府低迷

・豊臣秀吉の朝鮮出兵→日本軍に大勢の<丶`∀´>が加わり戦況泥沼化、明進出ならず→豊臣家、2代で滅ぶ。(ついでに加藤清正も2代でお家取りつぶし)
・江戸時代の朝鮮通信士→通信士一行、道中で一般庶民のモノ笑いの種に。幕府の待遇も大名以下→通信士、日本の繁栄を妬む→長期に渡り天下太平の世が続く。世界に誇る日本文完成

・西郷隆盛が征韓論を主張→西南戦争で西郷死亡。

・伊藤博文の朝鮮への干渉→博文、安重根に暗殺される。超赤字の半島併合統治始まる

・大日本帝国の朝鮮併合統治→半島からの米の一方輸入で日本農家の貧困深刻化 →半島へ大和数隻分の工業インフラを投資。半島大発展→日本、牛車がいまだ現役なインフラ度合いの時代が続く

・支那事変、そして大東亜戦争へ・・・→大陸の憲兵、ほとんど半島人を採用。万宝山事件発生で中国との泥沼戦争勃発→議会主義御臨終で特に朝鮮好きといえた陸軍が政治を牛耳る。→半島人が物凄い日本マンセーに。大日本帝国、敗戦で完全あぼーん

・日本敗戦→半島や日本本土で半島人が日本人に対し暴虐の限りを尽くし、一部は引き上げるが朝鮮戦争勃発し、難民化、  再び日本に戻ってくるはめに。→日本、アメリカ軍需で一気に回復。やがて高度経済成長期を迎える 朝鮮戦争終戦後、韓国軍が日本を攻めよう  とし、手始めに竹島制圧。 →数多くの歴史的捏造が明らかに(諸法則第五法則)

・平成に入り日韓交友深まる→様々な分野で韓国と友好ムード。政府・マスコミ共に韓国マンセー→日韓共催WC開催→長期景気低迷など皆さんもご存じの通り・・・

・小泉伝説(逆発動の達人)=ある意味、対北強硬路線のおかげか?


半島と関わりを持つとその一族や国は衰退或いは、滅亡する。

これはもう宇宙の法則と化しているようですw

鳩山さん、韓国との友好は国を滅ぼしますよ。

気をつけて下さいねw


undefined

日本ブログ村「政治・社会問題」
ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 23:29| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 鳩山由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豪さん、

ほんとハトポッポは〇ホですよね、相変わらず…
夢を見たり寝呆けるのはベッドの中だけにしてほしいもんです。

一刻も早く法則が発動して、民主党もろとも消え失せてほしいもんです。
Posted by lizard at 2009年06月06日 18:49
こんばんは!

コメント有難うございます。

民主党が党として韓国と友愛を深めて法則が発動するなら大歓迎ですが…。

万が一、政権与党にでもなった暁に法則が発動したら…。
と考えると空恐ろしいですね。

そんなことにならないように民主党政権だけは阻止しないとならないですね。
Posted by 豪 at 2009年06月06日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

金王朝3代目は、日本密入国の前科あり
Excerpt: 金正男がデイズニーランドに行きたくて、偽造パスポートで密入国し、当局が身柄を拘束したとき、当時の外相田中真紀子は「大変だ。戦争になる。さっさと返しなさい」とうろたえ騒いで、護衛付きで送り出したが、弟の..
Weblog: 拉致被害者救出荒木調査会代表支持勝手連
Tracked: 2009-06-06 10:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。