2009年08月10日

民主党政権誕生は日本破滅への道標

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

undefined


非核三原則の法制化、鳩山代表が検討表明
8月9日19時48分配信 読売新聞

 民主党の鳩山代表は9日、長崎市内で被爆者団体の代表者らと懇談し、核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」とする非核三原則について「唯一の被爆国として守っていくことが重要で、法制化という考え方もある。
 党としてしっかり検討する」と述べ、政権交代を実現した場合、非核三原則の法制化に取り組む考えを示した。
 鳩山氏はこれまで、非核三原則は「国是」として掲げるべきで、将来改正の可能性がある法制化には慎重だった。
 鳩山氏は懇談終了後、記者団に「法律は国是より弱いと思うが、法治国家として法制化が必要という判断を(国民の)皆さんがするならば、一考する価値がある」と語った。
 非核三原則の法制化を巡っては民主党が連立相手として想定する社民党が法制化を求めている。



核兵器は大量虐殺の道具ですからこの世から消えてなくなることが一番望ましいのは当たり前です。
しかし、一国の元首になろうかもしれない立場の人物が、自国の置かれている状況や国益のことを考えずに一般人と同じような感覚で夢物語を語ってはいけません。

日本には領土問題を抱える近隣諸国があり、その相手はロシアにしろ、中国にしろ核兵器保有国です。

外交とは国益のぶつかり合いで、いかに自国の有利になる条件を相手から引き出すか?

その外交力のバックボーンになるのが国力=軍事力でもあるのです。

日本にはただでさえも9条という忌まわしい似非平和憲法によって手枷、足枷を余儀なくされ、それが拉致問題などの国家主権を犯す重大な事件の解決を遅らせまた、自衛隊などの国際貢献の場で様々な制約を付け、主権国家として普通の活動が出来ないという醜態を晒しています。

その為に中国は勿論、あの極貧国家北朝鮮からも良いように舐められています。

そんな状況にあってその上なお、非核三原則など言い出すことは自ら領土や国益を放棄し、主権を他国に譲り渡すと言っているようにしか聞こえません。

国家の安寧と国民の安全を保証し平和を保つには秩序が必要です。
ですが、その秩序は北朝鮮から一発のミサイルが飛んできただけで崩壊するのです。

その他国から受ける可能性のある戦闘行為から国民を守る為に存在するのが軍隊です。

お花畑の住人が馬鹿の一つ覚えのように唱える反戦、反核だけでは平和も秩序もいざという時には保てないのです。

鳩山由紀夫の口にする政策はどれもこれも、日本を破滅に導こうとしているようにしか聞こえません。


●●民主党の政策●●
※マニュフェストで隠された事項もありますが『撤回された事項』はありません
・人権擁護法案、青少年ネット規制法、児童ポルノ法強化
 言論弾圧3点セット。 特に人権擁護法は超危険法案
・国会図書館に焚書機関を設置
 GHQ史観、反日サヨク史観にそぐわないものは収集させず破棄をする
 反日捏造歴史の固定化
・戦後賠償事業開始 ---> これで巨額の利権をつくり特亜へ貢ぐ
・公務員労組に労働基本権を付与
 公務員労組を法律で守ってさらにやりたい放題できるようにお墨付きを与える
 ヤミ専従、ストライキ、政治活動が合法化
・二重国籍容認
・外国人参政権
・移民1000万人受け入れ
・沖縄に外国人を3000万人受け入れ ---> 特別区にして日本から切り離し中国領へ
・解同、在日、日教組の権益強化
・ジェンダー教育の強化、日本の伝統、文化観、倫理観の破壊。
・農家戸別補償 ---> 農家に直接現金を配る、補助金麻薬漬け。票を現金で買う法案
・日朝国交正常化
 拉致問題等を無視してまずは国交正常化で1兆円規模のODAで利権作り
 北朝鮮は日本からの戦後賠償を担保に中国から1兆円の借金
・車一台当たり5万円の増税
・最低時給1000円 ---> 国内製造業の破壊。海外移転・空洞化加速
・CO2を2020年までに25%減 ---> 国内産業破壊でもしない限り不可能
・メディア権力を総務省から分離 ---> 政治的中立を破壊する恐れ
・靖国神社の英霊合祀廃止、無宗教施設へ


ざっと見ただけで、一言で言えば国益を損なう為としか思えない法案がこれだけ目白押しな政党に政権を渡して良いのでしょうか?

ボクには民主党は日本を破滅に導く政党としか思えません。
民主党に政権が渡れるということは日本の未来はそれだけ危うくなるということに一人でも多くの方に気がついていただきたいと思います。


undefined

日本ブログ村「政治・社会問題」
ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 01:53| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 売国政党・議員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/civil-servant/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/civil-servant/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
OO5aEY6f
Posted by sirube at 2009年08月10日 08:29
sirubeさま

ご訪問並びにコメント有難うございます。

相互リンクご希望ということで有難うございます。

貴殿のサイトを拝見させていただきました。

拝見して当ブログは公務員のことを主として扱っているブログではなく貴殿のサイトとは少し毛色が違うと感じます。

当ブログは貴殿のサイトとの相互リンクにはふさわしくないと判断させていただき、せっかくの申し入れですが今回は見合わせていただければと思います。

せっかくですが誠に申し訳ありません。
何卒よろしくお願い致します。
Posted by 豪 at 2009年08月13日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。