2009年11月27日

加害者のくせに医療費を請求する異常な国【それが韓国】

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

undefined


<射撃場火災>韓国の病院、遺体引き取りに1000万円の保証要求 雲仙市が応じる
11月27日(金)15時11分配信 毎日新聞

 韓国・釜山市の射撃場火災の被災者が入院している現地のハナ病院が、長崎県雲仙市の会社員、中尾和信さん(37)=22日に死亡=の遺体を遺族に引き渡す条件として、日本の公的機関に治療費約1000万円を保証するよう求めていたことが分かった。被災者家族に職員を同行させている雲仙市が「遺体の早期帰国が最優先」として保証に応じたが、市は「一自治体での保証は困難」として国に支援を求めている。 雲仙市によると、入院した日本人全員について同様の要求があると言い、この日亡くなった原田洋平さん(37)についても求められた模様だ。
 今回の火災では、ツアーを企画した島鉄観光(長崎県島原市)が加入した保険から死亡補償金が支払われ次第、それを原資に同社が治療費を支払うことを病院に伝えたという。しかし病院側は民間企業の約束では不十分として公的機関の保証を求め、退院した場合も同様の保証を求める姿勢という。
 雲仙市の岩永判二・市民安全課長は「緊急事態なので保証したが、このような保証は本来国がすべきこと」と言い、県を通じて国に支援を求めている。
 島鉄観光によると、同社は今回のツアーで旅行特別補償保険に加入し、死亡は2500万円の補償金、入院は日数に応じて4万〜40万円の見舞金などが保険会社から島鉄観光に支払われる。しかし入院が長引けば保険金だけでは治療費を賄えない可能性もあり、その場合は雲仙市が治療費を負担することになる。ーーーここまで引用ーーー



この異常さが韓国という国の通常だと、韓国に何も考えずに旅行に出かけている人達のどれ位が知っているのかと、思いを致すと背筋が寒くなる気がします。

火災発生時にはスブリンクラー等の防災設備は機能しなかった、また非常口への誘導もわかりずらい、そして以前よりこの地域ではこのような事故の発生に対する懸念がされていたのに改善を怠ってきた。
これだけでも韓国側に非があるのは明らかなはずです。

その上、発生からすでに約半月も過ぎようとしているにも関わらず、事故の根本的な原因究明すら済んでいない。

事故発生時に「オレが火をつけた。巻き込まれ自分も怪我を負った。」と証言していた韓国人男性はその後どうしたのでしょうか?

事故の真相を知るには、重要な人物な気がしますが、韓国側はその男性の足取りを追っている様子すら見受けられません。
判明すると何か不味いことでも証拠隠滅を企んでいるのではないか?と勘ぐってしまいます。


それらの対応が全て、まともに済んでいたとしてもなお、この韓国の請求はおかしいでしょう。

というか、事故の真相が究明された上でまだ、医療費など請求するのであれば異常も異常。

気が狂っているとしか言いようがありません。

しかも、家族を異国の地で亡くし、早く遺体を祖国へ、故郷へとの思いが強く胸に湧いているであろう遺族の感情に巧みに付け入るいやらしさはもう、人の感覚では考えられないことです。

普段、マスコミが奨励し友好と絶えず唱える韓国という国のこれが実態です。

いや、この程度のことは大したことではないという人もいるはずです。

知れば知るほど嫌いになる国「それが韓国だ。」という認識を持つことが重要です。

脱税総理にはどうせ大した対応は期待できないでしょうが、中には一人くらいは毅然とこの韓国の異常さを指摘し、おかしな要求をはねのけてくれる気概のある政治家の方が出てくれることを期待します。


undefined

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 20:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とある医師ブログのコメント欄で、海外の医療事情を解説していたので紹介しておきます。
http://ssd.dyndns.info/Diary/?p=5091#comments
麻酔科医11月 29th, 2009 at 10:22 AM
いぱーん人のブログでは、日本人値段で韓国でも医療費をぼったくられているという文章を読むこともありますが、物価が日本の1/10ならば医療費も1/10と思うのは、まったくの無知。
物価が日本の1/10の国でも医療費は日本と一緒か日本以上というのは、世界の常識です。
だから、私も海外の旅行に行く時は、医療費は無制限に出る保険にはいります。たとえ、数万円かかっても。循環器内科の教授がアメリカの空港でタクシーから荷物を卸している時にお釜事故に巻き込まれ、1ヶ月で2000万円かかったという話を聞いて、アメリカに行く時には、保険に入っていないと万一の時は、破産か死ぬか、、と思い知ったからです。
一時熱傷の麻酔をかけていたことがありますが、熱傷は、1ヶ月1000万円がデフォなんですよ。それでも格安って感じ。
日本じゃ、本人負担と、高額医療で、せいぜい、数十万円の桁までしか医療費を払わないからありがたみがないんでしょう。
しかし、死体を1体1000万円で引き取る約束をさせてから引き渡す。
日本の医療者にはできないお話です。
Posted by ten at 2009年11月29日 21:58
tenさん こんにちは!

コメント有難うございます。
お返事が遅くなりすいません。

医療費の件、いろいろと教えていただき有難うございます。

そんなに高いもの何ですね…。
ビックリしました。


亡くなった方々は医療費の保険には入っていなかったのでしょうかね?


でも不思議なのは、韓国だけではなく他の外国で亡くなった日本人も大勢いますよね。

しかも事件性の高いもので。

その際には、こんな話は話題にもなりませんでしたね。

恐らく普通のなら国(死亡した場所)が何らかの形で全額ではなくても保証しているのでは?

韓国政府が何の対応もしなかった為に、病院としてはこういう手段に出たのでは?
Posted by 豪 at 2009年11月30日 11:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。