2010年01月22日

小沢一郎、23日に聴取=「被疑者」も検討−4億円の説明求める・東京地検

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

undefined


小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取が23日に行われることが、関係者の話で21日、分かった。特捜部は、参考人としてではなく、黙秘権を告げた上での「被疑者聴取」とすることも検討しているもようだ。
特捜部は、土地取引に充てられた4億円の資金には、ゼネコンからの裏金が含まれるとみて捜査しており、資金の性格について、小沢氏に詳しい説明を求める。特捜部は5日に小沢氏に聴取を要請したが、小沢氏側は、多忙であることなどを理由に応じてこなかった。
しかし、衆院議員石川知裕容疑者(36)らの逮捕を受けて応じることを決め、19日に特捜部に回答。
弁護士を通じて日程調整を進めてきた。 
1月21日20時24分配信 時事通信




被疑者とは?
『ウィキペディア(Wikipedia)』 より引用

被疑者(ひぎしゃ)とは、捜査機関によって犯罪を犯したとの嫌疑を受けて捜査の対象となっているが、まだ公訴を提起されていない者のことをいう、司法手続及び法令用語である。

一般に用いられる容疑者(ようぎしゃ)は「被疑者」のいい換えであり、司法手続及び法令用語としては「被疑者」が用いられる。
ーーーここまで引用ーーー


これは一連の疑惑に小沢一郎自身が深く関与し、その聴取如何によっては、いよいよ逮捕もあり得る状況に近づきつつあることを示していると思います。

国会開催中の議員の逮捕には検察側から「逮捕許諾請求」を出し内閣がそれを受理する必要がある訳ですが、小沢一郎に対して「存分に戦って下さい。」などと寝言をいうポッポがどう対応に出るか?

国民の大多数が説明不足、辞職するべきと考えている小沢一郎の擁護に周り、捜査の協力を拒否するような対応をすれば、政権にとって致命的な打撃を与える結果になることは必至です。

また、法無大臣、千葉景子の指揮権発動もあり得る状況ですが昨日、keikoさんから頂いたコメントによると、

明らかなる証言(複数)及び犯罪が行われたと誰何(すいか)するに足る証拠がある場合には指揮権行使を行われた際の対抗措置として
 「公務執行妨害」
 「背任」
の令状を請求することで対抗します。また、地裁に処分無効の申し立てが行われますがコレが最大の武器で検察が捜査資料を開示及び証拠とし提出することで公の目に触れてしまいます。

とのことで検察側の出方によっては逆に小沢一郎の悪事が世間に晒される可能性が高いという訳ですw

やはり、悪事は暴かれる。

民主党政権崩壊はもう間近に迫って来ているのかもしれない。

そんな期待を抱いてしまいます。


undefined

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 売国政党・議員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

聯合艦隊浮上ス!!(7)
Excerpt: 全力公試運転中の戦艦大和型『大和』 (昭和16年10月30日宿毛沖標柱間) 全力予行運転中の戦艦大和型『大和』 (昭和16年10月20日 宿毛標柱間) 全力公試運転中の戦艦『大和』 (昭和1..
Weblog: 行雲流水の如し
Tracked: 2010-01-22 14:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。