2010年03月24日

腐りきっている日教組の実態

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

undefined


政治献金の有無、8割無回答…72教組調査

・北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件に絡み、読売新聞が、日本教職員組合(日教組)傘下の全国72教組に政治献金のアンケートを実施した結果、献金やパーティー券購入の有無を明らかにしたのは16団体だけで、8割近くの56団体からは回答が得られなかった。
 回答をしない主な理由は「組合員に報告している」「公表する義務はない」などだが、教組を巡る「政治とカネ」のあり方が問われる中、一般の組合員からは「献金の実態が不透明なままでは若い人ついてこない」などという声が上がっている。
 アンケートは今月中旬から下旬にかけ、日教組系の全国50の小中学校などの教組と22の高校の教組を対象に、政党や政治資金団体への政治献金やパーティー券の購入実績などを質問した。
 その結果、神奈川、兵庫、岡山の各県の公立小中学校の教組が、過去に政治献金やパーティー券を購入した実績が「ある」と答えた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100323-OYT1T01253.htm



懲りない北教組 早くも参院選準備へ教員出動

3月23日7時56分配信 産経新聞

北海道教職員組合(北教組)側が民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営に1600万円を不正提供したとして北教組委員長代理、長田秀樹被告(50)ら2人が22日、起訴された不正資金提供事件。事件を機に、教員や組合の政治活動が問題になったが、当の北海道ではすでに今夏の参院選に向け、教員らが動き出している。

▼臨戦態勢
 今回起訴された長田被告と小林氏陣営の会計担当、木村美智留被告(46)の2人を含む4人が逮捕された翌日の今月2日。北海道日高地区の小学校で各学校の組合教員の長「分会長」を集めた「分会長会議」が開催された。
 会議で配られた文書のタイトルは「参議院議員選挙闘争のとりくみについて」。今夏の参院選に向けて運動の経過や情勢を記したものだった。
 文書では参院選を「『民主教育確立』や労働者・市民の声を反映できる政権を継続していくために重要なたたかい」と位置づけ、具体的な候補者名も挙げている。 北教組に詳しい関係者は文書を見て、「懲りていない」と嘆息した。

▼組織力強固
 北教組は日本教職員組合(日教組)の中でも強固な組織力で知られる。
 選挙があれば、支持する候補者の事務所開きや後援会総会にまで教員を動員。「A小、B小で各1人」など学校名、動員数まで指定し、活動は昼夜を問わない。冒頭の分会長会議は平日の午後早くで、会議自体が勤務時間中の職務専念義務を定めた地方公務員法などに抵触する恐れがある。
 日教組の中村譲委員長は15日、都内で開かれた臨時大会で今回の事件について「強制捜査を受けたのは大変残念だ」としながらも「候補者を支援し、組合員に周知することは正当な組合活動だ」と弁護した。

▼焦りの声も
 北教組の選挙活動は今後も続きそうだが、小林陣営をめぐっては、昨年10月にも陣営幹部が公選法違反容疑で逮捕され、道内の複数の民主陣営に労組の裏金が使われていたことが裁判や捜査で明らかにされた。党関係者からは今回の事件を受け、「教組や労組頼みの選挙はもうできない」と焦りの声も聞かれる。
 民主党のある国会議員秘書は「今回の事件で、末端の組合員は萎縮(いしゅく)してしまった。今後の選挙に協力してくれないのでは」と懸念を示した。



 日教組から政治資金についてのアンケートに対して、8割から回答を得られなかったとする読売新聞の記事ですが、これはつまり8割が答えたくても答えられない、知られては困る事実があるということだと見て間違いないでしょう。


日教組が民主党の支持母体の一つであることは、今や知らない人は居ない事実です。

やはり、小林氏と同じように(というか、より悪質かもしれませんが…。)民主党、幹事長代行の輿石東氏が山教組から、違法な献金を受け取っていたことからもわかるようにつまり、こういった表沙汰に出来ない政治資金の援助を民主党の議員の多くが受けている可能性が高い。という証左に他ならないでしょう。


そして、逮捕者まで出した直後にこれまた違法である選挙活動に対する、組織的な行動の具体的な指示が出ていることも日教組という組織の異常性がよく分かります。


これらのことから認識でいるのは、日教組とは教員で成り立った組織でありながら法を犯すことを厭わない異常な団体であること。


そして、民主党という政党はその異常な組織から資金面を始め、様々な援助を受けて国会に議員を送りこんでいる犯罪者の集団であるということです。


どちらも、本来あるべき議員や教員の本質からはかけ離れた姿であり、その負うべき役割を果たしていない厳然とした事実を多くの人に知らしめる必要があります。

こうした不純物は政界からも教育界からも一刻も早く駆逐しなければ、全てが腐りはじめ手遅れになります。


undefined

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 23:45| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日教組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豪さん

こんばんは〜!^^

私も豪さんと一緒に直接お話したい
しかし、自分の日本語がまだまだです
なかなか思うように言葉がでないことができない

私は豪さんと一緒に直接お話の日を期待して
今、もっと日本語を勉強しなければなりません
Posted by Wright at 2010年03月25日 22:00
Wrightさん こんばんは!

コメント有難うございます。

そうですね。
私もWrightさんともっと色々と話がしたいです。

私は日本語しかわかりませんから、もっと台湾の言葉を勉強しますw


近いうちに直接、話が出来るようになると良いですね。

楽しみです(^-^)
Posted by 豪 at 2010年03月26日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。