2010年06月07日

菅内閣支持率 62.4%?【日本国民洗脳計画】只今、プランC発動中!

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


緊急世論調査、菅新首相の支持率62.4%
 NNNが4〜6日に行った緊急世論調査によると、菅新首相の支持率は62.4%で、鳩山内閣発足時の内閣支持率(67.7%)に迫る数字となった。
約20%にまで落ち込んでいた鳩山内閣の支持率から一気にV字回復した結果となった。
 支持する理由は「ほかに代わる人がいないから」が最も多く、「指導力に期待が持てる」「人柄が信頼できる」などの理由が続いている。
 また、政党支持率も民主党が35.7%と、先月に逆転された自民党(22.1%)を再び逆転し、13.6ポイントも差を付けた。一方、「支持政党なし」は22.4%となっている。
 参議院議員選挙での比例代表の投票先は、民主党が34.2%となり、自民党(18.1%)を大きく引き離している。
また、公明党が5.6%、みんなの党が4.9%、共産党が4.5%となっている。
 この世論調査について、民主党内では驚きをもって受け止められる一方、「脱小沢戦略」の効果だとの見方が大勢となっている。
菅新首相が5日深夜に官房長官と幹事長らの人事だけを敢えて自ら発表をしたのも「脱小沢人事」をアピールする戦略の一つとみられる。
 菅新首相は、5日夜は自宅には帰らず、都内のホテルに宿泊した。
5日午後から仙谷新官房長官、民主党・枝野新幹事長と共に残りの人事などについて協議した。
閣僚人事では、ポストが注目されていた蓮舫参議院議員が行政刷新相に内定した。
事業仕分けのシンボル的存在の蓮舫氏に行政刷新相を任せ、新政権が無駄削減に取り組む姿勢をアピールする狙い。
また、財務相に野田財務副大臣が内定している。(以下略)
 NNN電話世論調査
 【全国有権者】1035人
 【回答率】51.7%
http://www.ntv.co.jp/yoron/
日テレNEWS24 http://www.news24.jp/articles/2010/06/06/04160541.html



確かに、ルーピーと小沢が同時に辞任したことで、それを評価する人(こういった人もネットで情報を得ている人からすればただの情報弱者だけどw)が多少、出るのは仕方ないことだとは思います。

ですが、まだ正式に発足もせず政策やその方向性、ルーピーが投げ出した諸問題の解決策。

何一つ明確になっていない段階でこれだけ民主党の支持率が回復するのはおかしいとおもいませんか?


以下は、チャンネル桜の緊急討論からの引用なのですが、西村幸祐氏が明かしている情報です。

某テレビ局の内部告発情報として、もたらされたものと言うことです。


【重要 各位厳守のこと】
御存知のように、本日6月2日にプランCが発動されました。
つきましては、かねての手順どおりに行動していただくようにお願い申し上げます。
念のために、大まかな指針を記入しておきますが、確認後は即時ご処分ください。
1. 今週一杯は代表選・組閣で民主党を持ち上げること。
2. 来週一杯は新総理・新閣僚の紹介で民主党を持ち上げること。
   (この間郵政改革法案強行採決があるが無視すること)
3. 14日から16日までは終盤国会の新閣僚奮闘で持ち上げること。
4. 17日から23日までは国会閉会後の民主党新人候補の活動中心に報道。
5. 24日の参院選告示後は、公平な報道に尽力すること。



ネタ元の詳細は明らかにされていませんが、以前、テレビ朝日の「やじうまプラス」でコメンテーター吉永みち子氏が、民主党鳩山首相に対して「一生懸命我々(マスコミ)も支持率を下げないでね、辛抱してね、支えているのに。」とポロリと本音をもらしてしまった『世論の意図的操作』の前科がありますから今回も、国民を欺く為の洗脳計画の存在は十分有り得ます。


今回の辞任劇は、ルーピーが逃げただけ、 小沢は依然として民主党に残っています。

今は死んだふりをしていますが、そのうちに息を吹き返します。

そうなったら、その後の影響力は甚大でしょう。

それに菅はこのダメ内閣の副総理だった人物です。
副総理ながら、普天間や口蹄疫問題には何も言及せず、その存在すら示すことの出来なかった無能です。

あれだけ、自民党が解散せずに総理を何人も変えたのを、批判し断絶していた民主党の姿を見ていながら、 勝手に国民不在の新総理大臣を決めてる民主党の支持率が何故、上がるのでしょう?


自民党が顔をすげ替えるのは許せないが、民主党は許せるのでしょうか?

日本国民はそんなにバカばかりではない筈です。

断言します。
この政党はなにも変わりません。
変わるわけがないです。
この8ヶ月間見てきたものが民主党のすべてです。

これ以上、間違った選択を周りの人達がしないよう、一人でも多くの人にマスコミの印象操作の可能性を伝え、民主党の正体を理解して貰えるように努力していかなければなりません。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 01:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。