2011年08月22日

8・21フジテレビ韓流ゴリ押し・偏向報道抗議デモ(通称、フジテレビデモ)に参加して来ました2

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

1からの続き

そんな中、地方議員の会代表が、街宣車上で抗議文を読み上げ、それをフジテレビ側へ手渡す為に、田母神氏他、代表一行がフジテレビへ。

image/2011-08-22T00:12:41-1.jpg

フジテレビへ向かう田母神氏。(走りながら携帯カメラで撮影している為、画質が悪くてスイマセン…。)

しかし、ここで問題発生。
抗議文を受け取ると申し出てきたのがフジテレビの役員や社員でも何でもなく、ただの警備責任者だった為、デモ隊一行の怒りが頂点に。

「なめてんのか!?」
「社長出てこい!!」


などの怒号の嵐。
そして一部がついにフジテレビ敷地内へと乱入する騒動へと…。

私も田母神氏を追いかけて、代表一行のすぐそばにいた為、自分の意志とは関係なく群集の力に押し流され、フジテレビ敷地内へと押し込まれる。
そして、田母神氏やチャンネル桜の水島社長などが、フジテレビ側と交渉する場面をかなり間近で、もちくちゃになりながら見ることにw

image/2011-08-22T00:24:59-3.jpg

image/2011-08-22T00:24:59-4.jpg

image/2011-08-22T00:24:59-1.jpg

image/2011-08-22T00:24:59-2.jpg

警備員が守っていたバリケードを破って敷地内へと突入した為、「ついに敷地内へ侵入されました!!」と無線通信していました。

そこで多少、事態を重く見たのか、社員と名乗る男性(役職不明)が登場。

上記の画像はその社員と交渉する田母神氏とチャンネル桜の水島社長。

周りは怒号の嵐で、どんな話し合いをしていかのかは、すぐ隣にいたにも関わらず、全く聞こえず。

ただ折り合いはついた様子で、抗議文をその交渉に出てきた男性に手渡していました。

image/2011-08-22T00:39:10-1.jpg

抗議文が手渡された瞬間。
(もみくちゃにされながら撮影した画像なのでブレまくってます。スイマセンw)

そして、ここまで見届けた私は、予想外の乱入に、心身共に疲労困憊しw、デモ集会の終わりを待たずに一足先に帰路へと着かせていただきましたw


今回の抗議デモがフジテレビにどれだけ響いているのかは不鮮明ですが、一般の国民の多くがテレビ局の偏向報道に深い疑問と、大きな怒りを感じている意思表示となってのではないでしょうか?
この機会を発端に既存のマスメディアの偏向報道が修正されるキッカケとなれば良いですね。

簡単にルポさせていただきました。

デモに参加された皆さん、お疲れ様でした!!


http://www.youtube.com/watch?v=tfQJvnkj-Zo

マスメディアの偏向報道を許さないぞ!
と思う方はクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 00:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豪さん お疲れ様でした!

以前、お台場ガンダムが、展示されていた時期にゆりかもめ沿線で、働いていた時期あったので、あの近辺は動画や画像など、見て大規模デモ、と思ってました。
多分、マスゴミよりスポンサー離れの加速は増すと思います。デモまで起こされた企業のスポンサー何かやりたくないですよ。
何はともあれ、私は良かった、と思ってます!!
Posted by Sakuranbo at 2011年08月22日 19:13
Sakuranboさん こんにちは!
コメント有難うございます。

デモはすごかったですよw
よく、これだけの人が集まったな。
と感心する程、大規模でした。

それだけ、フジテレビの韓国よりの偏向、捏造報道が酷く不満に感じている人が多かった。
ということの証左ではないかと思います。

これだけに止まらず、メインスポンサー企業製品の不買い運動なども、継続していくことが、テレビ局などには痛手でしょうから大切ですね。
Posted by 豪 at 2011年08月23日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。