2007年03月03日

蒼き狼〜地果て、海尽きるまで〜

20061102001fl00001viewrsz150x.jpg 
ボクはダメでした…。→主役は馬とエキストラ???
評価☆☆
 あの男たちの大和の製作指揮を取った角川春樹の新作ということで、大当たりか大外しかどちらかなァ〜。と思いつつ「チンギスハーン」という人物には待ったく興味も何もなかったのだけれどとりあえず観てみることにしたw …結果的には「何だコリャ!」系の作品でした苦w 宣伝では大々的に総制作費30億円とかやってますが、ただ金をかけりゃーいいってもんじゃないでしょう…。金の使い所を間違えたとしか言いようがない。そりゃーあれだけのエキストラでオールモンゴルロケすりゃ30億くらいすぐにでも消えていくでしょう。それだけ金をかけるのならば使い所さえ違えなきゃもっといい映画が撮れたはずと思うと残念で堪りません。まず原作が上下2巻に及ぶ長編小説なのを2時間の枠にまとめた為かNHKの大河ドラマのダイジェスト版の様な進行でこれでは「チンギスハーン」という人物がたどった一生というものが何だかよくわかりません。それから何を主体に描きたかったのかも非常に曖昧です。家族愛も親子愛もモンゴルを一つの国として統一していくハーンの人生の描き方も全てが中途半端。ただすごかったのは騎馬隊に使われた馬だらけの映像とCGを一切使用しなかったという大量エキストラ兵士達の映像、そしてモンゴルの広大な自然の風景、それだけです。それからかなり最悪だったのが韓国人の新人女優。何であんな新人女優を使ったのか意味がわかりません。日本語は片言の下手さ丸出し。演技に関してもド素人臭くて、その大根演技にこの新人の顔がスクリーンに映しだされる度に気分が悪くなります苦www とにかくこの韓国人新人女優がこの作品の駄作っぷりに拍車を掛けていることはもう間違えありません。ホンとに…。いい加減にしろ!と言いたいwww まァ金をかけた大作という触れ込みに惑わされず、あまり期待しないで観に行かれるのがいいかと思いますよw
posted by 豪 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。