2008年03月02日

明日への遺言

グラフィック0302.jpg
評価☆☆☆☆
太平洋戦争末期、無差別爆撃を実行した米軍機の搭乗員を処刑した責任を問われ、B級戦犯として戦争裁判にかけられた岡田資(たすく)中将(藤田まこと)。傍聴席から妻・温子(富司純子)や家族が見守る中、彼はひとり“法戦”に挑んだ。部下を守るため全責任を負った岡田中将の潔い姿は、次第に法廷内にいる全ての人の心を動かしていく。そして、判決が下る――。戦勝国アメリカとの法廷戦争に、最後まで誇り高く立ち向かった岡田資中将と家族の絆を描いた真実の物語。

物語はこの作品のテーマを示唆するピカソ作「ゲルニカ」の絵画、そしてドイツ、アメリカの爆撃、日本の南京、重慶への爆撃と無差別爆撃の戦争の生々しい記録映像から始まる。
戦後、戦勝国の一方的な不当な裁きを受け入れ罪を償った多くの人々の中、全ての責任を負う覚悟で自分の命は省みず、部下の命を救おうとし、堂々とアメリカの無差別爆撃を非難した岡田資。己の一切の罪の軽減を求めるような発言はせず、責任の所在とその正当性を述べる姿はあまりに雄々しくそして美しい。2時間弱の約8割が法廷と留置場でのシーンでありながら、それがかえって極限の逆境の中にあっていかに人としての責任を全うするか?という姿を浮き彫りにする。そしてその姿は遂には、裁判長や検事までも感化させていったことが判決の申し渡しのシーンでの2人の表情からも見てとれる。 結果として、絞首刑という判決は不当であると裁判長以下が感じていてもGHQの思惑通りに判決され、岡田はそれを「本望である」とただ一言受け入れたのだ。(ただ後になってGHQの最高司令官であったダグラスマッカーサーは東京裁判は不当な裁判であり日本が始めた戦争は自衛のためのものであったと発言していることは多くの人々が知るところである。)
義と責任を全うする生き様は損得勘定で自己保身に走る人間が多い今の世の中に強く問い掛けてくる。人としての在り方を…。





ランキングに参加しています。良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 映画ブログへ

posted by 豪 at 02:05| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(23) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亀さんたちのブログへのTB、有難うございます。3回のTBでしたので、後でTBされたものは消させていただきました。悪しからず。
Posted by 亀さん at 2008年03月02日 15:02
わざわざ有難うございます。こちらの送信履歴が不明、送信失敗となっていたのでそちらのブログに反映されているかどうか、確認せずに重複して送信してしまったようです。すいません…。
Posted by at 2008年03月02日 16:07
こんにちは。
岡田中将の人となりが強く印象に残る作品でした。
とはいえ、どこか一方的な視点にも感じられ、本当に?という部分も残ります。
戦争とは難しいものですね。今となってはすべて結果論ですし。
Posted by たいむ at 2008年03月06日 18:32
こんばんは。コメント、TB有難うございます。確かに戦争物、その上に史実に基づいた物語だと全部を表現するのは難しいですよね。
話の展開や映画として?な部分も正直ありましたが岡田資という人となりからは随分と学ぶことはありました。
Posted by at 2008年03月06日 18:57
こんにちは!、遅くなりましたが、コメント有難うございました。
そうなんです、livedoorのTBの反映が出来ないところもあるので気にしないで下さい。
この映画には、学ぶところが多くありましたね。
最近報道されてる、駆逐艦あたごの問題、上に立つ人にも見てもらいたい作品です。
Posted by パピのママ at 2008年03月11日 14:18
こんばんは! わざわざ有難うございます。なんだかせっかくTBして頂いたのに申し訳ない気がしまして…。そう言ってもらえると有難いですw こちらこそよろしくお願いします。 ボクはこの映画はハッキリ物が言えない政治家に見てもらいたいと思いました。あえて誰とは言いませんが…。
Posted by 豪 at 2008年03月12日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[Review] 明日への遺言
Excerpt: 昨今の時事情報を取り扱う報道は、どうも出てくる人物が『他人事』のようにしか取り扱っているようにしか見えない。一番の被害者に対し、労わり、慰めるような言葉が口から発せられても、その目は、その表情は、とて..
Weblog: Diary of Cyber
Tracked: 2008-03-02 07:46

「明日への遺言」を見てきました!
Excerpt: ―藤田まことの好演は光るものの…― 亀さんは、映画「明日への遺言」を、全国ロードショー公開の初日の昨日(3月1日)、ワーナーマイカル浦和美園で見てきました。 この映画は、『雨あがる』などの、黒澤明門下..
Weblog: 団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)
Tracked: 2008-03-02 08:32

映画「明日への遺言」を観ました!!(2008-06)
Excerpt: 映画「明日への遺言」を観ました!!2008年の第6作目です
Weblog: 馬球1964
Tracked: 2008-03-03 06:25

「明日への遺言」レビュー
Excerpt: 映画「明日への遺言」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:藤田まこと、ロバート・レッサー、フレッド・マックィーン、リチャード・ニール、富司純子、西村雅彦、蒼井優、田中好子、他 ..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2008-03-03 07:49

明日への遺言
Excerpt: 公開日 2008/3/1監督:小泉堯史 「雨あがる」、「博士の愛した数式」出演:藤田まこと/ロバート・レッサー/フレッド・マックイーン/リチャード・ニール/富司純子 他【あらすじ】第二次世界大戦終了後..
Weblog: Good job M
Tracked: 2008-03-03 09:26

映画 【明日への遺言】
Excerpt: 映画館にて「明日への遺言」 大岡昇平の「ながい旅」を原作に、小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。 おはなし:第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-03-03 09:55

[映画『明日への遺言』を観た]
Excerpt: ☆私は、『硫黄島からの手紙』を見終えたとき、あのようなふんだんな資金で作った戦争大作洋画に対し、邦画の戦争を語る作品が勝つには「戦争法廷物」しかないと語っていたものだ。 すると、この『明日への遺言』..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2008-03-03 12:34

真・映画日記(1)『明日への遺言』
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 3月2日(日)◆732日目◆ 池袋「シネマロサ」で2連戦……もとい2本見てきました。 というのも、 「シネマロサ」での『いつか眠りにつく前に』の上映が7..
Weblog:           
Tracked: 2008-03-04 20:34

「明日への遺言」みた。
Excerpt: ずしっと重みのある邦画を久しぶりに観た気がする。この作品に於ける裁判がいかなるものか、何が争点であるかについて、歴史を振り返りながら背景を説明していく冒頭。これを知らないと裁判の内容には付いていけない..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2008-03-06 18:23

明日への遺言
Excerpt: 試写会に行きました。 この日の年齢層はかなり高め。 私の隣は老夫婦。 後ろは50代位の男性と40代位女性のカップル(?)。 老夫婦の男性がおならをしてしまったらしく、 奥さんに謝ってました。..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2008-03-06 21:28

信念の人。『明日への遺言』
Excerpt: 第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判にかけられた岡田資中将の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2008-03-07 12:59

『明日への遺言』
Excerpt: ----これってどんな映画ニャの? ニャんだか裁判劇みたいだけど…。 「うん。これはね。 B級戦犯、岡田資中将の法戦を描いているんだ」 -----法戦って? 「その言葉は彼が名付けたもの。 いわゆる法..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-03-07 22:06

明日への遺言
Excerpt: 愛する人へ遺したいものがある。誇りや品格を見失った現代にこそ観て欲しい__。 心揺さぶる「愛」と「絆」――感動の実話。 1945年、東條英機元首相らA級戦犯が東京裁判で裁かれる中、横浜地方裁..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2008-03-07 23:41

『明日への遺言』
Excerpt:   愛する人へ 遺したいものがある   ■第二次世界大戦後、無差別爆撃を実行した米軍搭乗員処刑の罪に問われ戦犯裁判にかけられた東海軍司令官・岡田資中将。法廷闘争を「法戦」と名づけ立ち向かう夫を..
Weblog: 唐揚げ大好き!
Tracked: 2008-03-08 04:20

「 明日への遺言 (2008) 」
Excerpt: 【明日への遺言】2008年3月1日(土)公開 ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2008-03-09 23:57

映画:明日への遺言 試写会
Excerpt: 明日への遺言 試写会(アスミック・エース試写室) 「世界平和のために尽力してくれ」 15:30〜本編 日本史の授業でも大抵はしょられてしまう明治以降。第一次第二次大戦についてもぽつぽつと..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2008-03-10 11:27

【2008-53】明日への遺言
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 第二次世界大戦後 米軍搭乗員処刑の罪で 東海軍司令長官・岡田資(たすく)中将は 戦犯裁判にかけられる 愛する人へ、遺したいものがある
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-03-12 00:04

「 明日への遺言 (2008) 」
Excerpt: 【明日への遺言】2008年3月1日(土)公開 ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2008-03-16 12:38

明日への遺言
Excerpt: 人間よ 真の尊厳を 誰が問う  本作品の題名「明日への遺言」、この題名を想わざるを得ない。もちろん、残された家族や部下だった若者たちの明日ではない。私たちの明日だ。  作品全編のほとんどは..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2008-03-17 22:55

「明日への遺言」もっと語れ真実を
Excerpt: 「明日への遺言」★★★ 東京国際映画祭にて鑑賞(2007/11/6記事の再掲載) 藤田まこと、富司純子、ロバート・レッサー、 フレッド・マックイーン、西村雅彦、蒼井優、田中好子出演 小泉堯史監..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-04-02 23:06

【映画】明日への遺言
Excerpt: 2007年 監督 小泉尭史 120分 鑑賞 松江SATY東宝 出演 藤田まこと 富司純子 原作 大岡昇平「長いたび」 平日朝10時からの上映を見る。いつも閑散たる同映画館、5名いれば上出来と思ったが..
Weblog: しづのをだまき
Tracked: 2008-04-25 12:28

mini review 08320「明日への遺言」★★★★★☆☆☆☆☆
Excerpt: 第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の誇り高き生涯を描く感動作。戦争文学の第一人者である大岡昇平の「ながい旅」を原作に、『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が構..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2008-08-13 03:45

『明日への遺言』'08・日
Excerpt: あらすじ横浜地方裁判所では、戦争犯罪行為の命令者であるB級戦犯、及び実行者のC級戦犯の裁判が行われていた。東海軍司令官だった岡田資中将と部下19名は空襲の際パラシュートで降下した搭乗員を捕虜として扱わ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-02-15 01:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。