2008年08月12日

谷亮子選手が帰国…ウイルス感染で高熱を出した長男とともに成田空港に到着

北京五輪柔道女子48キロ級で銅メダルを獲得した
谷亮子選手(32)が11日夜、高熱を出した長男、
佳亮ちゃん(2)とともに北京から成田空港に到着。
谷選手がロビーに姿を現すと、拍手とともに「お疲れさま」という声が
飛んだ。
谷選手は報道陣に佳亮ちゃんについて「まだ熱が下がらないので心配。
一昨日は39・6度もあった」と不安そうに話し「みなさんに
心配をおかけしました。ありがとうございました」と
足早に空港を立ち去った。
佳亮ちゃんの診察のため、直接、東京都内の病院に向かったという。
ーーー産経ニュースより引用ーーー



ハッキリ言って今回のオリンピックはどこの国がメダルを何個取ったとか、誰が金だったとか、銅だったとかそんなことには一切、興味はない。

ただシナでオリンピックを開催することでそれに付随して起きる様々な事件に心が痛む。


テロによる死傷者の数が稀にないほど多く、また関係者の親族が殺害される。
嘘の爆発予告に開会式当日に参加国同士の戦争が勃発する。そして、今回の伝染病。
不名誉な意味で様々な伝説を打ち立て記録を塗り替えている。

オリンピックが閉会されるまでにどれだけ被害が拡大されるのだろうか?

これもシナ共産党 独裁政権が行ってきた政策の成果というか、ある意味ツケだろう。


恥というものを知らず、面子を重んずるシナ人はとっくにオリンピック開催の資格など消滅したことなど関係なくこの後もごり押しで競技を続けて行くのだろう。


これ以上 平和の祭典であるはずのオリンピックで不幸な人が出ないよう、祈るばかりです…。

応援お願いします。いまからでも遅くないオリンピックなんて止めちまいな!と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

【北京観光の米国人旅行者、中国人に襲われ1人死亡 五輪警備に衝撃】

【北京観光の米国人旅行者、中国人に襲われ1人死亡 五輪警備に衝撃】
2008.8.9 18:18


 【北京=矢板明夫】中国国営の新華社通信によると、北京五輪が開幕したばかりの北京市中心部で9日、米国人観光客のグループが中国人の男に襲われ、米国人男性1人が死亡、米国人女性と中国人女性の計2人が負傷した。

 現場は北京市北部の繁華街、東城区の観光地名所「鼓楼」で、中国人の男が9日午後12時20分ごろ、米国人2人と、中国人女性ガイド1人のグループを襲撃した。男は刃物のようなものを持っていたという。

 男は中国東部、浙江省杭州市出身の唐永明容疑者(47)で、犯行後、鼓楼から飛び降りて死亡した。犯行の詳しい動機などはわかっていない。

 北京五輪も開幕したばかりで、五輪期間中は約45万人の外国人観光客が北京を訪れると予想されている。警備が厳重な北京市中心部で白昼、外国人が殺害され、衝撃が広がっている。




【殺害の米国人は男子バレーコーチの親類、衝撃広がる】
2008.8.9 19:36

【北京=矢板明夫】中国国営新華社通信によると、北京五輪が開幕したばかりの北京市繁華街で9日、米国人観光客のグループが中国人の男に襲われ、男子バレーボール米国代表チームのコーチの親類の米国人男性1人が死亡、妻の米国人女性とガイドの中国人女性の計2人が負傷した。犯人の中国人の男は自殺した。北京五輪は開幕したばかりで、警備が厳重な北京市中心部で白昼、外国人が殺害されたことに衝撃が広がっている。

 北京滞在中のブッシュ米大統領は9日、事件の報告を受けて被害者の遺族に哀悼の意を表した。米当局は中国当局に事件に関する詳細な報告を求めたという。

 報道によると、現場は北京市北部の観光名所の「鼓楼」2階で、中国人の男が9日午後12時20分ごろ、2人の米国人観光客と1人の中国人ガイドのグループをナイフとみられる凶器で次々に襲った。

 男は身分証から、浙江省杭州市出身の唐永明容疑者(47)とみられ、犯行後、鼓楼から飛び降りて自殺した。鼓楼は明、清の時代に太鼓を使って時間を知らせた楼閣で、人気の観光名所だが、事件後に閉鎖された。

 現場には、五輪取材で北京に滞在している外国人報道陣ら数百人が押し寄せ、一時騒然とした。付近の中国人住民は外国人報道陣の取材に応じようとせず、ある年配の住民は「居民委員会(町内会)から外国のメディアに何も話すなと注意されている」と語った。
 東京都から五輪応援のために中国を訪れた男性教師、当麻祐紀さん(33)は「恐ろしいです。これからは夜の外出を控えたいと思います」と話した。埼玉県から来た公務員の松枝茂樹さん(57)は「きのうの開会式は成功したのに、こういうことが起きて残念だ」と語った。ーーーー産経ニュースより引用ーーーー

とうとう北京五輪で殺害されるという被害者が出てしまいました。
犯行の動機や犯人の背景にどんな組織、あるいは犯行に走る原因があったかは定かではありませんが、厳戒体制が引かれた北京での出来事なだけに中国当局の責任問題になる可能性は高いと思われます。



海外メディアに何も話すな などという指示も出ているようですが、事態の隠蔽などを計ろうとするのではなく、二次 三次と起こりうる可能性があるものなら、速やかな情報の開示と対応をお願いしたいものです。


観客や選手の人達に被害が出なければ。と願いははやくも崩れ去ってしまいました。

今後、オリンピック開催中にこれ以上の無関係な人達に被害が出ないよう。祈るばかりです。


応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 22:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

活動家が次々拘束される中いよいよ明日オリンピック開催

「フリー・チベット」横断幕掲げた英国人4人連行

8月6日15時3分配信 産経新聞
 【北京=白岩賢太】新華社電によると、北京市北部にある五輪メーン会場の国家体育場(愛称・鳥の巣)の近くで6日未明、チベット独立を支持する横断幕を掲げた英国人4人が、警察当局に拘束され、取り調べを受けた。
 英国人は男性3人、女性1人。6日午前5時ごろ、「フリー・チベット(チベットに自由)」などと書かれた横断幕2枚を掲げ、国家体育場近くの北京橋の上を歩いていたところ、警官が駆け付け、4人を拘束した。北京五輪組織委員会によると、4人は警官の中止命令に従わなかったという。
 中国では集会やデモ行進などをする場合、事前に公安当局に申請し、許可を受けなければならない。同組織委は「競技場周辺では横断幕などの持ち込みや掲示、デモ行進を禁止する明確な法律があり、こうした行為は許されない」としている。
グラフィック0807.jpg
(メインスタジアムの国旗掲揚のためのポールに国旗よりも先に掲げられたフリーチベットの横断幕。…プッ。)

続いて本日もこんな拘束事件があったようです。

天安門広場で米国の活動家3人を拘束
2008.8.7 13:14

 北京の天安門広場で、公安関係者に拘束される米国の宗教団体の活動家の男性と女性(中央2人)=7日(共同)

 北京の天安門広場で7日、中国政府による人権弾圧を糾弾する記者会見を開こうとした米国の宗教団体の活動家3人が中国当局に拘束された。

 天安門広場では6日にも、米国人3人が「イエスは主」と書いた横断幕を広げ、公安当局者に拘束された。また、同日早朝、五輪のメーン会場、国家体育場(愛称・鳥の巣)近くで、チベット独立支持派の米国人と英国人の計4人が「チベットに自由を」と書いた横断幕を掲げて拘束され、その後、国外退去を命じられた。(共同)
ーーーーーー
また、ウイグルでの取材中に日本人記者が2人拘束され暴行を加えられる事件などもあり人権抑圧、報道管制を始め、何ひとつ改善されていないどころか、悪化の一途を辿る中でごり押しに開催までこぎ着けたオリンピック。
明日いよいよ開会式ですが始まる前からこの様子では、いくら中央政府が規制してもあちらこちらで拘束者が出まくることが予想されます。

他にも、いよいよ現地入りしたアメリカの選手団が空港に到着するなり、防塵マスクを着用し中国側から過剰反応と顰蹙をかっているようですwww

未知なる環境汚染大国ですから万全のコンディションで競技に挑みたいという選手団にイチャモンつけるのは酷ってもんです。

防塵マスクだらけの選手団にフリーチベットの横断幕だらけの観客席。
ある意味前代未聞の開会式になりそうですwww

けど、フリーチベットの横断幕なんかは絶対にTVカメラには映らないように規制するんだろうけど。

応援お願いします。開会式に合わせて「フリーチベット」を叫ぼう!と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

「天洋食品」回収ギョーザ、中国で中毒…現地混入が濃厚に

 中国製冷凍ギョーザ(餃子)中毒事件で、製造元の中国河北省石家荘の「天洋食品」が事件後に中国国内で回収したギョーザが流通し、このギョーザを食べた中国人が有機リン系殺虫剤メタミドホスによる中毒症状を起こして、重大な健康被害が出ていたことがわかった。

 関係筋が5日明らかにした。これまで日中双方の警察当局がそれぞれ自国内でのメタミドホスの混入を否定してきたが、中国国内で同様の事件が発生したことにより、中国での混入の可能性が強まった。

 日本政府は今後、中国公安省に事実確認を要請するとみられ、日中両国の捜査協力がようやく本格化する可能性が出てきた。

 関係筋によると、中国側は7月初め、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の直前に、外交ルートを通じて、日本側にこの新事実を通告、中国での混入の可能性を示唆したという。

 事件が起きたのは6月中旬。天洋食品が回収した冷凍ギョーザの一部を食べた中国人が中毒を起こし、重大な健康被害が出たという。被害者の人数や症状などは不明だが、千葉県などの事件と同様、ギョーザに含まれていたメタミドホスが原因と特定された。事件後、日本に輸出される前の商品は天洋食品が回収したことになっており、今回、中毒を引き起こした商品が流通した理由やその経路などはわからない。

 中国側の混入の可能性が強まったことで、中国の捜査当局は事故と故意による混入の両面で改めて捜査を急ぐ必要に迫られそうだ。

 冷凍ギョーザ中毒事件では、千葉、兵庫両県の3家族10人が昨年末から今年1月にかけ、天洋食品製造のギョーザで中毒症状になった。中国側は2月末、「原料、生産工程、輸送過程でメタミドホスが混入された状況は見つかっていない」との見方を表明。これに対し、警察庁は、メタミドホスの成分分析の結果、日本国内にはない不純物が検出されたことなどから、「日本で混入された可能性は極めて低い」との見解を示していた。
(2008年8月6日03時05分 読売新聞)


このニュースによると洞爺湖サミット前には日本政府にこの事実は伝えられていたことになっているが、何故オリンピックを目前にした今の時期に公表されたのかは読み取れません。


また、回収された筈の餃子を中国人が食したのかも不明。


でも、「毒餃子なんて日本の言いがかりアル。」「被害者はこっちなんだから食べても大丈夫アルよ。」なんていうバカな中国人がいて倉庫に押収されていた毒餃子を食べたら、中毒になっちゃった。


みたいな感じなのかな?なんて勝手に想像してます。

あるいは中国人の中国人による人体実験の犠牲者とかね…。有り得ない話じゃないから怖い!
中国って。


応援お願いします。やっぱり中国で混入されてたんじゃないか!
と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 14:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

危険がいっぱい! 「北京オリンピック」

「本当か…」日本選手団にも衝撃、新疆テロで警戒強化

 【北京=読売取材団】北京五輪開幕のわずか4日前に、中国でまた爆弾テロが発生した。武装警官16人が死亡した新疆ウイグル自治区カシュガルのテロ事件。

 先月21日の昆明の路線バス爆破事件後、警備が厳重になっている中で事件が起きたことに、北京でも衝撃が走っている。北京入りした代表選手や役員からは「本番は無事にいってほしい」と切実な声が上がった。

 「警備が厳しくなっているにもかかわらず、テロが起きたのは衝撃的。人ごみにはなるべく近づかないようにしたい」。ワコール現地法人社長の石谷隆文さん(55)も表情を曇らせた。

 北京市朝陽区の日本人用マンションの支配人(60)は、警察から「頭に布を巻いた人物が来たら通報してほしい」と要請されていたという。支配人は「ついに起きてしまったかという印象だ。万が一のことがないよう警備を強化しなければ」と話した。

 同市海淀区にある新疆ウイグル自治区の機関が集まった一角は、武装警察の車が警戒にあたり、ピリピリした雰囲気に。ホテル「新疆飯店」前にも警察車両が待機し、ホテルのロビーではウイグル族の宿泊客に話しかける人がいると、従業員が近づいてきて聞き耳を立てた。ウイグル族が多く住む同区魏公村では、屋台でシシカバブを焼いていたウイグル族の男性(20)に通りかかった漢族の男性が「ニュースで爆破事件のことを知ったが、ウイグルは昔から中国の一部だ。独立はあり得ない」と詰め寄る場面もあった。

 北京入りしている日本選手団にも衝撃が走った。

 男子体操チームは4日の練習後、事件の発生を聞かされ、「本当ですか」と一様に驚いた表情を浮かべた。主将の冨田洋之選手(セントラルスポーツ)は「政治的なことはわからないが、競技に集中するだけ。安全で、平和にオリンピックが行われることを願っています」と戸惑い気味。

 具志堅幸司監督は「選手には『競技のことだけ考えて欲しい』と伝えた。五輪はメダル争いだけじゃなく、平和にも貢献するもの。本当にテロなら非常に残念です」と語った。

開会式の翌日から競技が始まる重量挙げの三宅義行コーチは「起きてはならないことが起きて残念。心配だ」。選手には、街中などで単独で行動しないように注意したという。

 この日、北京入りした日本オリンピック委員会(JOC)の水野正人副会長は「大変に不幸だ。もし開会式を標的にするようなことがあれば、それは世界中を敵にすることになる」と表情をこわばらせた。
(2008年8月5日00時15分 読売新聞)



何と言いますか、まぁ実際、オリンピックに出ることだけを考えて練習に励んで来た選手達からすればはた迷惑な話なのかもしれないがどれもこれも今ひとつピントのずれたコメントに思えて仕方ない。



「政治のことはわからない」とか、「五輪はメダル争いだけじゃなく、平和にも貢献するもの。本当にテロなら非常に残念です」とか、ハッキリ言って今さら何を言っているんだという感じですね…。こういう事が起きる要因は有りすぎる国でやるオリンピックに出場するのだから、そんなの覚悟の上だったのでは?と言いたくなる。政治のことはわからないのではなく明らかな勉強不足。シナがどんなことをやって来た国なのか全く知らないというのだろうか?
あまりに恥ずかしい発言だ。
本来なら、ボイコットをはじめとして抗議の意志表示の手段はいろいろとあったはず。それを、何も分からないの一言で済ませ、平然と出場するのだからシナのジェノサイドを容認している、テロや妨害があってもオリンピックに出たいんだって人達が北京に行っているのだとばかり思ってました。



そして極めつけはKY水野です。
「もし開会式を標的にするようなことがあれば、それは世界中を敵にすることになる」ってさすが、シナにごますりまくりだけあってここでも爆弾発言だ。


世界中の殆どの人々はテロという行為は容認はしないと思うがでもあっても仕方ないと思っているのでは?

あんたの発言の方がよっぽどテロっぽいけどね。


ようは、一連の発言のどこに違和感を感じるかというと、いまのシナ国内の状況は中共がやってきた結果なのに、一様にテロを起こす方が悪いとでもいいたげな発言だらけだからだ。


どうせ出るならユニフォームにチベットや東トルキスタン、南モンゴルの旗を縫い付けて中共に抗議するくらいの気概で出てほしかった。


応援お願いします。スポーツバカじゃしょうもない。と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 23:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

五輪選手団、防塵マスク持参 大気汚染対策に完全防備北京

グラフィック0731.gif
(塵で霞んでよく見えない鳥の巣)

開催まであと10日を切ったわけだが
テロやらなんやらで、どうにも平和の祭典とは程遠い現状は改善の余地はないようにしか見えない
北京オリンピック。
今日は「東アジアのファシズムを斬る!」で紹介されていたニュースを引用します。


【五輪選手団、防塵マスク持参 大気汚染対策に完全防備北京】
五輪の日本選手団が、工事現場で作業に使う防塵(ぼうじん)マスク約500枚を、現地に持ち込むことになった。自動車の排ガス中にあるススなどの大気汚染物質は、風邪や花粉症用のマスクでは防ぎ切れないとして、このマスクに白羽の矢を立てた。
 日本オリンピック委員会(JOC)が今年、五輪候補選手ら400人以上の呼吸器系を検査したところ、約1割がぜんそくを起こす可能性がある体質とわかった。粉じんなどを吸い込むと発作が出る恐れがある。そこで本部ドクターの赤間高雄・早稲田大教授(スポーツ医学)は練習などに向け、防塵マスク持ち込みを決めた。
 このマスクは業務用マスク最大手「興研」(東京都)の使い捨てタイプで、直径0.06〜0.1マイクロメートル(1マイクロメートルは1千分の1ミリ)の微粒子を95%以上カットする。フィルターは11グラムと超軽量で、呼吸しやすいように排気弁もついている。
 自転車競技の代表選手らが国内練習で使ってみた。息苦しさも出ず好評だった。使うかどうかは選手の判断だが、同競技のチームドクター、小林裕幸・防衛医大講師は「ぜひ活用したい」と話す。
 桐蔭横浜大の星秋夫教授(健康・スポーツ科学)は、1、2番目にあたる「非常に多い」「多い」だった。マラソンや自転車ロードレースなどの長時間競技では影響が懸念されている。
 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、米国は代表選手に2年間かけて開発した特殊マスクを配り、英国も先端にバルブのついた最新型マスクを用意しているという。
これに、東アジアのファシズムを斬る!の管理人、小次郎さんはこうコメントしている。

「水着のように、○○社のマスクをしたら、世界記録を更新したなどということはありえない。オリンピックに命を賭けてきた選手が本当に命を賭けることになってしまったのである。」

まぁ、笑いごとではないのだが、思わず吹き出したw

人権蹂躙、大気汚染、水質汚染は世界最高水準に達し、挙げ句の果てに原因不明の伝染病&テロの可能性まで加わって選手、観客、報道陣まで渾然一体、命がけのオリンピックになること間違いなし。

こんな国でオリンピック開催を許可したICOは開催中、もし何かあったら責任とる覚悟は出来て入りのだろうか?

P.Sある保守系ブログで面白いものを発見したので勝手に拝借します。(こちらも大爆笑でした。)

唱歌「お正月」の節で
♪もういくつ寝ると北京五輪
北京五輪にはマスクして
防弾チョッキで行きましょう
早くなくなれ北京五輪♪

応援お願いします。北京オリンピックなんて見たくない!と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

大丈夫? 北京オリンピック…。

オリンピックまで後1ヶ月を切った現在、環境汚染により様々な競技が平常通りに行われるか危ぶまれる現象が続出しています。

2008年7月4日、五輪ヨットレース開催都市の青島市の兵士らが、会場となる海岸に蔓延した緑藻を緊急除去の作業を行っている(AFP)
北京五輪ヨットレース、会場地の緑藻被害が拡大

m75485.jpg

 【大紀元日本7月14日】来月、山東省の青島市で開催予定の北京五輪ヨットレースは、会場地の深刻な緑藻災害が依然拡大している。中国当局は11日、緑藻との戦いはすでに勝利を収めたと発表したが、緑藻災害はすでに海岸の他の港およびリゾート地へ蔓延しているという。
 新華社11日の報道によると、江蘇省官員は12日に緊急計画を発動し、パトロール船、発生・蔓延を続けているという。なお、最新の被害面積にかかわる数字はまだ公表されていない。
 新華社の報道によると、江蘇省連雲港市と山東省日照市が提携して、緑藻被害への対応に着手しているという。また、国家海洋管理局も、山東省隣接の水域を監督し始めているといいう。
 山東省に隣接する江蘇省においては、5月末に緑藻が大量発生している。
(08/07/14 16:03)

グラフィック0717001.jpg

つい先日、このようなニュースがあったばかりですが次はこれです。

ーーー中国青島:五輪ヨットセール会場、突如閉鎖ーーー
 【大紀元日本7月16日】中国政府当局は7月14日、五輪大会のセーリング会場となる山東省青島市の沿岸地域を突如閉鎖した。
 ドイツメディアの報道によると、ドイツセーリング協会(DSV)のハンス・サンデス氏はドイツ通信に対して、北京五輪組織委員会は各国の代表団に簡単な通知を渡したが、閉鎖の理由及び期間に関しては説明がなかったと話した。
青島で事前合宿訓練を行っている各国代表団の間では、5月末から大量発生したアオサの除去作業が失敗したため、中国政府が会場を閉鎖せざるを得なかっったではないかとの思惑が交錯している。サンデス氏は「北京五輪組織委員会は私たちに対して、開催者として会場を閉鎖する権利があると話した。私自身は今までこのような実態に遭ったことがない。今、すでに30ヶ国のチームが現地に入っており、彼たちはすでに何千万ユーロの費用を支払ったのに、このような事態になったとは…」と驚きを示したという。
大紀元時報 2008年7月16日付記事

グラフィック0717.jpg

莫大なお金を支払いながらこの状況では選手たちもたまったもんじゃありません…。
が、しかし…。
すでにお金では済まされない健康や命に関わる事態にまで悪化してしまっているようです。


ーーー五輪開催地青島市、原因不明の伝染病蔓延かーーー
 【大紀元日本7月16日】情報によると、今年7月に入ってから、五輪ヨットレース開催地の中国山東省青島市で原因不明の疫病が流行し、15日の時点で、青島の市街区だけで感染者数は16万人に達し、死亡者数は1251人に達したという。
海外のいくつかの中国語メディアの15日の報道によると、現在、青島大学の付属病院、青島市立病院などの大きな病院では、毎日数万人規模で患者が詰め掛けているという。これらの患者に共通の病状は、激しい頭痛、嘔吐、高熱である。多くの高齢者と児童は病状がより激しく、肝臓、腎臓、呼吸器などの機能障害を併発した患者も少なくない。
 感染者の増加とともに、市民の不安も日々広がっている。青島市の衛生部門は、人々の不安を緩和するために、メディアを通じて、今回の感染症はインフルエンザであり、大規模な流行は起こらないという専門家の考えを強調している。
 一方、7月12日に青島市政府は全市の衛生局、疾病制御センターなどの関係者を集めて研究会議を開いた。会議の席上、今回の感染症は流行性脳脊髄膜炎に似ていることが報告された。その上で、間もなく開催されるオリンピックのヨットレースに影響を与えないように、今回の感染症情報を最高機密として扱うことが決定された。そして、各級の衛生医療部門に、患者の情報が外部に漏れないよう指示し、すべての可能な手段を使って患者を強制的に隔離するよう要求した。また、この会議では、内部には厳しく対処し、外向けには穏やかな雰囲気で行ない、対外的にはやはりインフルエンザであると宣伝することが決定された。
 同情報は山東省と青島市のインターネット掲示板でも話題となっていたようだが、すべての関連発言はすでに削除されている。
大紀元時報 2008年7月16日付記事


相も変わらず、自分中心のご都合主義で事態の隠蔽を図っているようですが、こんな環境の中で競技をする各国の選手たちの身にもし、万が一何か起きたらということは考えられないようですね…。


参加される選手の皆さんにはくれぐれもお気を付けていただきたいと思う次第です。



応援お願いします。やっぱり、中国にオリンピックなんて100年 早かったんじゃ…?と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 23:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

ヤバい中国人

ブッシュ大統領が北京五輪に参加するのは、何か政治的思惑があるのでは?と
思う内容の記事をエントリーしましたが最近、発売された「ヤバい中国人」という本の中に二宮清純さんと青木直人さんの特別対談が掲載されており、その中に興味深い記事がありましたので一部、引用させていただきます。
ーーーーーー
北京五輪には無視できない問題があります。今回、ワールドワイドパートナーというスポンサーが12社あって、そのうちの半分がアメリカなんですね。日本はパナソニック一社で、韓国はサムスン一社ですがアメリカのコカ・コーラやレノボ(中国のレノボグループてIBMのパソコン事業を統合した企業)、VISAなどは、みんなキッシャンジャーが顧問をしている企業なんですよ。北京五輪には、中国で独占的な力を持っているビッグビジネスが中共の幹部と手を結んで支援しているというカラクリがあるんです。この五輪には露骨な形で米中協調路線が出ているんです。アメリカの選手団の名誉会長はブッシュ大統領のお父さんだしヨーロッパからオリンピックのボイコット案が出たときもブッシュ大統領だけは一貫して北京五輪への参加を表明していましたから。
今回、ブッシュ大統領は何が何でも開会式に行くと言っていますが中国という巨大な市場でアメリカ企業の権益を守るというメッセージが込められている。 人権よりもビジネスという点では、ブッシュと胡錦濤の利害は一致している。チベット問題にしても民主主義と人権の旗を掲げているはずのアメリカが何も言ってこなかったことがおかしいわけですから。東西の覇権主義国家同士が手を握ったオリンピック。主催 中国、後援 米国、公認ICOですよ。


【キャシンジャー
ヘンリーキャシンジャー】
ニクソン時代の国家安全保証担当大統領補佐官を勤めた人物。
アメリカの対中外交に強い影響を持ち、現ブッシュ政権においても指南役として活躍している。キャシンジャーが設立した国際コンサルティング会社 キャシンジャー アソシエーツはアメリカ巨大資本の中国市場進出をサポートしてきた。
ーーーーーー



結局は少数派民族は大国の利権や国益に翻弄されてしまっているという現実をつきつけられた記事でした。



グラフィック0711.jpg
別冊宝島 
出版社:宝島社 判型:B5変  発行年月:2008年7月 ISBN:9784796664479 
価格:880円(税込)



応援お願いします。ブログランキング・にほんブログ村へundefined
posted by 豪 at 15:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

シナで日本大使館員 襲われる

8月にオリンピックを控えたシナです。 国威高揚、国家の威信をかけて開催される訳ですが当然、国を挙げてテロ対策、戦時体制で警戒に当たっているという報道がつい最近流れたばかりですが…。



実はこんな事件がおきていたようです。
日本大使館員襲われる 厳戒の北京、刃物男を拘束
ーーー2008.7.4 14:46産経ニュースより引用ーーー

北京の日本大使館は4日、同大使館近くの路上で3日昼すぎ(日本時間同午後)、日本大使館員の男性(27)が刃物を持った中国人の男に背後から襲われ、逃げようとした際に右手首に軽いけがを負ったことを明らかにした。男は近くにいた武装警察官に拘束された。
大使館員はコンビニエンスストアで買い物をして外に出たところを羽交い締めにされ、別の場所に行くよう脅されたという。金品目当てとみられるが動機など詳細は不明。大使館は「襲った相手が日本人という認識があったかどうかは分からない」としている。五輪を8月に控え、北京市内は警備当局が厳戒態勢に入っている。
 現場は目抜き通りの長安街に近く各国大使館が集中する地区。中国政府は事件を受け、日本大使館側に遺憾の意を示すとともに「個別の事件であり一般の日本人への脅威が高まっているわけではない」とした上で「男は精神障害の疑いがある」と説明したという。





だいたいですね、オリンピックは平和の式典なわけで、国内で頻繁に起きている民衆の暴動やテロ対策で戦時体制っていうのがすでに北京でやるオリンピックって何なの? という感じですが…。


今から、こんな感じだと本番中はホント何がおこるかわかりませんね。



なんかですね、環境汚染も随分騒がれてますが、体調を崩す選手が出たり、シナ人以外の選手に食中毒者が出たり、日本人選手がメダルとか取ったら暴徒に襲われるんじゃないかとか想像しちゃいます…。

無事では済まない。そんな気がするのはボクだけでしょうか?


応援お願いします。今からでも遅くない。北京オリンピック考え直した方がいい。と思う方はクリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 豪 at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

シナで十万人の大規模デモ発生

党幹部の横暴に民衆は公安ビル焼き討ちで応酬、市街戦の様相
 中国語圏の新聞各紙が伝えた。
 6月28日、貴州省甕安(おうあん)県で15歳の少女が強姦された挙げ句に殺された。
それ事態は珍しい事件でもないが、地元公安局の処理が公平を欠き、犯人が共産党幹部の関連者だったのに、すぐに釈放されたため、抗議の輪が数万人に膨れあがり、暴動となった。
軍と警察が出動、銃撃により1人が死亡、200名が拘束されたという。
当該公安は、少女が強姦され、殺害されて川に投げ込まれた真相を伏せて「少女は自殺したのだ」と家族に説明したため、納得せず、地域住民に怒りが広がった。
 博訊新聞網(6月30日)によれば「抗議行動は市内繁華街の幹線道路を埋め尽くし、およそ十万名が怒りを露わにした。
パトカー十数台もひっくり返されて焼かれた」と伝えている。
この暴動は公安局ビルを焼き討ちしたため、鎮圧に出動した軍と警察が1500人の規模に及んだ。
催涙ガスを撃ち込んで民衆を蹴散らし、その過程で発砲したらしい。
「このような不公平な政府のもとで、我々は忍従の生活を余儀なくされ続けるのか。この独裁政権の下では、我々は能力を発揮することさえ出来ず、団結とか中華統一とかの寝言を聞いているだけ。中国政府が十三億国民の代表だ等と僭称するのはやめろ」(博訊新聞にでた「棹紅軒主人」という筆名の投書)。
 甕安県は人口約44万人。ミャオ族が多い。
ーーー宮崎正弘氏の「国際ニュース・早読み」より引用ーーー

グラフィック0713004.jpg

シナ共産党幹部の汚職、腐敗。
今更驚くことではないが、相変わらず鬼畜のような所業だ。
グラフィック0713.png

ただ、少しずつシナも変わって来ているのかな?と思わせるのは、今回のような騒動がすぐさま、海外に報道されていることや、シナ共産党を結構 堂々と批判しているが多く出てきているという印象を受けることだ。(まぁ、実際にはこのような発言をする人はシナ国内では命掛けなんだろうけど。)


最近、こういった記事を見る度にいろいろな方面で囁かれているシナ共産党崩壊の足音が聞こえて来ている気がするのは、気のせいか?

グラフィック0713003.jpg

時の政権の腐敗に民衆が立ち上がり、王朝が交代してきたのがシナの歴史である。


ボクもいつか、シナがまともな国として再生することを願う1人である。


再生という観点からすると日本もまた然りだ。


媚中、屈中で国策、領土防衛の意識のない、その上「人の嫌がることはしない。」と言いながら、国民の嫌がることは平気でやる首相が誕生したことで、政界には売国政治家が蔓延り、日本という船はもう転覆寸前だ。


ーーー草莽崛起(そうもうくっき)ーーー

幕末の英雄 吉田松陰の教えの一つで、草莽(草の根の民)崛起(立ち上がれ)という意味だそうだ。


かつて吉田松陰の下に参集した若き志士達は、この教え通りに立ち上がり、幕末、諸外国からの植民地支配という国難をはねのけ、明治維新という偉業を成し遂げた。

今こそ、この精神に立ち返らなければいけない時に来ている気します。


ボクたちは数多の諸先人から受け継いだ、伝統や国土を次の世代へと継承していく責任があります。

いつか、自分の子供達が「日本に生まれて来て良かった。」と思えるそんな時代を築いて行かないといけないのだ。と強く思います。

応援お願いします。ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 豪 at 13:19| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。