2008年07月21日

物乞いは物乞いらしい態度でいろ! 北朝鮮 竹島問題に言及

産経ニュース(2008/7/20)
竹島問題で日韓を非難 北朝鮮の統一運動団体
北朝鮮の統一運動団体「祖国統一民主主義戦線」は19日、日本が新学習指導要領解説書に竹島(韓国名・独島)を初めて記述したことを「民族の尊厳と自主権への侵害」と非難、韓国の李明博政権に対しても「(竹島記述は)親日売国政策がもたらした結果だ」と批判する談話を出した。朝鮮中央通信が伝えた。
 北朝鮮が今回の問題で立場を表明したのは初めて。
 談話では、竹島を「わが民族固有の領土」と主張。「われわれは神聖な領土を略奪しようとすることを決して許さない」とした上で、李大統領も「売国奴」と非難した。(共同)


何でも言うこと聞いてくれてたトンデモ大統領 「ノムたん」に比べれば、明博くんは金正日から見れば売国奴なのだろう。


仲間割れや兄弟ケンカは好きにやってくれと言っておくが、竹島問題に北朝鮮が口を挟むのは頂けない。


だいたい、金くんは日本に対して今、物乞いの真っ最中じゃないか。


恵んで貰いたいならそれなりの態度を示さないと得るものはないでしょう。


北朝鮮が今、やるべきことは竹島問題に口を挟むことじゃなく、拉致問題の再調査で誠意ある結果を出すことだ。


乞食は乞食らしく。

「利権」の二文字しか頭に無いアホの行動が北朝鮮をつけあがらせる。


応援お願いします。物乞いは黙ってろ!と思う方はクリックを!
undefined
posted by 豪 at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

許し難き韓国の蛮行

1618110082861000020.jpg
「写真の下には「日本王アキヒトを大韓民国国民の名において厳重膺懲し、火に投じて裁く」とある」


【日本大使館の前に登場した日王と総理】
日本政府が、独島問題と関連して中学校の新学習指導要領社会科解説書に、独島が「日本固有の領土」を示唆する内容を記述することが発覚して非難を浴びる中、16日午後、ソウルの日本大使館の前に集まった枯葉剤戦友会所属の参加者らが、日本政府を糾弾するシュプレヒコールを叫んでいる。ーーー韓国報道より引用ーーー


一連の竹島 教科書問題で韓国の民衆が捏造、強姦に並ぶ韓国技である火病をデモにて披露してくれていることは、知っていたが…。

ここまでなら「韓国、通常運転 今日も元気にファビョってますな。」という感じで笑ってもいられた。

しかし、この写真と記事を目にした時、明らかに表情が凍りつき怒りがこみ上げてくるのを抑えられなかった。

今までも、日本対する数々の毀損、侮蔑行為は韓国で行われて来たがついにその行為は今上天皇陛下の侮蔑行為にまで及んだ!


この後、この不遜な団体は今上天皇陛下の尊影を燃やす愚劣極まりない行為に及んだのだ!

一万歩譲って韓国が竹島を独島、日本海を東海と呼び、領土権を喚き散らそうそうが、それは捏造にまみれた哀れな反日教育による洗脳の効果であり、騙されている方も哀れだとも言えた。


しかしこの件に関しては、洗脳や教育によるものでない、朝鮮人の根本的な民度というものが露呈している。

何度となく、朝鮮人やシナ人が日本の国旗を踏みつけ引き裂き燃やす行為を目にしてきたが、その度に朝鮮人&シナ人の度外の常識の無さに辟易したものの、まぁ 朝鮮人&シナ人だからある意味仕方ないとも言えた。

だがしかし! 今回の陛下の尊影を燃やす行為だけは断じて許すわけにはいかない!!!


万世一系のスメラミコト家を侮蔑した朝鮮民族に相応の報いが訪れることを望む。


応援お願いします。朝鮮人は半島ごと一人残らず、海に沈め! と思う方はクリックを!

undefined
posted by 豪 at 14:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

厚かましい韓国政府と歯がゆい日本の対応 ー新学習指導要領解説書 竹島問題ー

グラフィック0713.jpg

韓国の季明博大統領は洞爺湖サミットに参加するため日本に訪れた際、文部科学省が新学習指導要領解説書に竹島は我が国固有の領土と明記する事を検討していることに対して「深刻な憂慮」を伝え、「慎重な対応」を要請するていう内政干渉をしてきました。



しかも…その矢先にこれです。


「独島は韓国固有の領土」 米紙に全面広告

9日付の米紙ニューヨーク・タイムズに「独島(日本名・竹島)は東海(日本海)に浮かぶ韓国固有の領土」と訴える全面広告が掲載された。

広告主として「フォー・ザ・ネクスト・ジェネレーション・ドット・コム」と記されている。

「知っていますか?」と題された広告は、日韓両国周辺の地図とともに「この2000年間、韓国と日本の間の海は東海と呼ばれてきた」とした上で、「独島」の領有権を主張。「日本政府はこの事実を認識すべきだ」として「韓国と日本は正しい史実を次世代に伝えなければならない」と訴えている。(後略)

======引用ここまで======





人には配慮だの慎重な対応など求めておきながら自分達は配慮もへったくれもありません。



福田首相は韓国の立場は理解しているなんて言っている場合ではありません。
ここまでコケにされて文句の1つも言えないなら首相としての資質など全くないと言えるでしょう。

以前、シンガポールとマレーシアの間で領有権が争われたペトラフランカ島の問題は国際司法裁判所が「島の主権者として振る舞ったシンガポールの動きに問題が表面化するまでマレーシアは反応しなかった。」として島がシンガポールに属すると判断されている前例があります。

ここで日本政府が韓国の動きに抗議の声を上げなければ、上記のように竹島は「韓国の独島」として国際司法の下に認められてしまう恐れがあるということです。


これは配慮の問題ではなく日本の主権に関わる問題です。




竹島だけでなく、対馬や尖閣諸島など特定アジアの日本侵食はかなり深刻なところまで進行しています。


応援お願いします。福田首相は少しは国民のためになることをしろ!と思う方はクリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へundefined
posted by 豪 at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

米国がついに北朝鮮 テロ支援国家指定解除

北朝鮮は26日、核計画の申告書を6カ国協議の議長国、中国に提出した。これを受け、米政府は同日、見返り措置として北朝鮮のテロ支援国家指定などの解除を決め、議会に通告した。拉致事件を“置き去り”に解除に踏み切ったことについて、ブッシュ大統領は、「拉致された日本市民のことを忘れない」と強調した。しかし、制裁という有効なカードを失った結果、先に北朝鮮が約束した拉致事件の再調査の実施などでどれだけ北朝鮮に迫ることができるのか、日本政府の姿勢が問われる。

 【北京=矢板明夫】北朝鮮の崔鎮洙駐中国大使は26日午後、中国外務省を訪れ、6カ国協議議長の武大偉次官に申告書を提出した。関係筋によると申告書は約60ページで、核施設、核開発計画、プルトニウム抽出量などを記載。抽出プルトニウム量は38キロ前後としている。核兵器の情報は含まれず、高濃縮ウラン開発と、シリアの核開発協力にも触れていないもよう。

 中国は申告書を直ちに各国に配布し、それぞれが本国で評価と検証方法を検討。7月第1週にも北京で6カ国協議を再開し、申告内容の検証と、核施設の廃棄、解体など完全廃棄に向けた第3段階の措置などを議論する。

北朝鮮は進展を印象づけるため、27日に寧辺の核施設の冷却塔を爆破、6カ国協議参加国のテレビで爆破場面を放映させるという。
ーーー産経ニュースより引用ーーー


ついに米国がテロ支援国家指定解除を発表した。

テロ支援国家指定解除と経済制裁解除という2つのカードを手にした北朝鮮。


拉致問題は最悪の形で決着がつく可能性が濃厚になって来た。


米国と北朝鮮の国益をかけた外交に日本が翻弄された形だ。

このまま、最悪の事態になるのでは、今まで何十年と闘ってきた被害者家族の努力が水泡と化す。それはあまりに忍びない。


このならず者国家に一杯喰わされたまま終わるのでは情けなさすぎる。

だがこの事態を好転させるには福田の反応は期待薄だ。


北朝鮮が提出して来た申告書の内容のあまりの薄さ、すでに使用されてない核施設の冷却塔の爆破などという目眩ましのパフォーマンス。

何故、日本は此処まで小馬鹿にされる国に成り下がってしまったのか?


ガツンと物が言える骨のある政治家は日本にはいないのか?


応援お願いします。拉致問題このままでは終わらせない!と、思った方はクリックを!

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 豪 at 02:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

拉致「進展とは程遠い」 家族会、制裁解除に猛反発

北朝鮮による日本人拉致問題で、北朝鮮側が安否不明被害者の再調査に応じる姿勢を示したことに対し、政府は13日、経済制裁の一部を解除する方針を表明した。「一定の前進」を強調する政府に、被害者家族らは「進展とは程遠い」「納得する家族はいない」と猛反発。結果が出る前に、北朝鮮側に大幅譲歩したことに怒りは収まらない。「外交」というパワーゲームに飲み込まれてしまいそうな家族らの思い。政府への不信感が一気に膨らんだ。
 「家族が求めてきたのは、被害者の帰国。あくまで全面解決だ」。家族会代表で、田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(70)はそう言い切る。日朝の交渉は膠着(こうちゃく)状態が続いていた。今回の協議の行方には期待を膨らませてきただけに、落胆は大きい。北朝鮮側がよど号乗っ取り犯の引き渡しへの協力を前面に出してきたことにも警戒感を強める。「政府にの話だ。経済制裁の解除は拙速すぎる。進展には程遠い。一体何があったのか。日本政府が方針を変えたとしか思えない…」と怒りを隠せない。
 大阪市内でテレビ番組の収録中に協議結果を知った横田めぐみさん=同(13)の父、滋さん(75)は「政府は再調査だけでは進展とは言わないとしてきたはずなのに」と戸惑った
 「北朝鮮の言葉が信じられるのか」。家族からはこうした言葉が漏れる。
 金正日総書記が拉致を認めた平成14年9月の日朝首脳会談で北朝鮮側は「5人生存、8人死亡」と発表。それぞれの“死因”などについて説明したが、不自然極まりないものだったことから、家族の意向を尊重した政府は再調査を依頼した。その結果、北朝鮮側が示したものは、横田めぐみさんの「偽遺骨」に代表されるつじつまの合わないストーリーばかりだった。今回また調査に応じるとしただけで、「進展」と受け止め有本恵子さん=同(23)=の父、明弘さん(79)は「再調査なんて必要ない。早く娘たちを返してほしい」と険しい表情で語った。
(MSN産経ニュース)




全くもって、何を考えているんだか…。再調査。これは、今まで北朝鮮が何度となく口にしてきた言葉だが、未だに実現したことのない妄言にすぎない。


再調査に応じる姿勢を示し、よど号ハイジャック犯の引き渡しを示唆したことで進展とし、経済制裁解除とは、学習能力を疑ってしまう。



北朝鮮のねらいは日本からの40億円という資金援助と米国からのテロ支援国家指定解除なのは明らかだ。

それは、テロ年次報告書にある「よど号を乗っ取った赤軍派をかくまっている。」という一文からも馬鹿でもわかる。
米国からのテロ支援国家指定解除が目的であり拉致問題解決に向けての誠意など微塵も感じ取ることは出来ない。


素人ですらこれ位のことは読めると言うのにこのお粗末極まりない外交は何だろうか?

また、国内では自民党 山崎拓元副総裁らが中心となり、「日朝国交正常化議員連盟」なるものが結成され親北派の議員の動きが活発化している。


日本国民の大多数は拉致問題解決は望んでいるが北朝鮮との国交正常化など全く望んでいないことをわかってないのか?

これでは、北朝鮮との国交正常化により、何らかの利益が懐に入ってくるからと邪推されても仕方ないだろう。


国民の人権と生活を守る為の議員が己の利害関係ばかりに執着し、拉致被害者の家族の気持ちなどどこぞに置いてきぼりだ。


本来なら、進展などという状況は有り得ないのだ。何故なら、拉致問題とは日本の主権を犯した完全なる犯罪で拉致問題解決は北朝鮮が拉致を全面に認め、謝罪する。これ以外に無いからだ。

毅然と「日本の国益を守る外交」を議員諸氏には望む。



応援お願いします。北朝鮮にはさらなる圧力と厳しい経済制裁を!と思う方はクリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 豪 at 01:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

火病る韓国 面白い記事みーつけたっwww

▽ソース:世界日報 米州版(韓国語)
【韓国】我らは今や日本を追い抜きつつある。日本がこれ以上妄言を続けるなら天誅を下す■日本政府と保守右翼団体の妄言を糾弾する
「遠くの親戚より近くの隣人」とは言うが、日本は一番近くの隣国であるにもかかわらず遠い国に感じられる。(注(管理人)ってか身近に感じてもらいたくないっす。日本という国の不幸は隣に韓国、北朝鮮、シナがいることだと思ってるんで。出来れば国交断絶願いますwww) これは、何かにつけて歴史を歪曲したり独島が日本固有の領土だと主張したりする(注(管)その通りですが、何か?)日本の政府と保守右翼団体の妄言が、韓国民たちを驚愕・激昂させている(注(管)日本人も韓国人の妄言に驚愕・激昂してますが。何か?)ことが、主な理由で あろう。
日本の侵略と植民地支配(注(管)記憶にございません。)を正当化する扶桑社歴史教科書の執筆者で、「新しい歴史教科書を つくる会」会長である元・東京大学教授(現・拓殖大学教授)の藤岡信勝は、韓国の全国民を見下して侮蔑する妄言まで躊躇なく吐いており(注(管)日本の全国民を見下して侮蔑する妄言まで躊躇なく吐く韓国人にその言葉そっくりそのままお返しします。)、癇癪が首までつき上がって息が詰まりそうだ。(注(管)結構なことで。できればそのまま窒息死でもして下さいw)
韓国挺身隊問題対策協議会が駐韓日本大使館の前で毎週水曜日に日本糾弾集会を開催し、軍隊慰安婦のハルモニたちが日本の謝罪を要求していることに対して藤岡は、「こういうパフォーマンスをしている人々は本当の軍隊慰安婦ではなくて北朝鮮の工作員だ」という奇怪な妄言まで発した。(注(管)その通りですが。何か?)また独島(訳注:竹島のこと)問題についても、韓国の主張を信じる日本人は一人もいないとして(注(管)そんなことはありません。あなた方のことが大好きなリベラル左翼の反日日本人はすっかり騙されてますよw)、反日感情が大きくなれば韓国人に逆風(被害)として帰ってくるという脅迫的言辞まで口にした。
藤岡はまた、韓日併合(1910年8月29日)も朝鮮人たちが願ったものであり、軍隊慰安婦・挺身隊も生活苦の女性たちが志願して成り立ったものだとする。(注(管)だから、その通りですが。何か?)日本の植民地支配期間の殺人・拷問・掠奪・収奪・強制徴用などの天罰を受くべき様々な罪悪は忘却して、鉄道敷設や教育や各種施設などの恩恵を韓国人たちは有難く思うべきだとする破廉恥な妄言には、怒りで血が噴き出し動悸がするほどだ。(注(管)さすが恩を仇で返す韓国人。感謝のかけらもないようですw)
<中略>
天も人も怒る罪悪をやらかした日本政府と保守右翼団体に警告する。もはや韓国は、火打石で松明に火を灯すことしか知らずにマッチで火をつけるのを見てびっくり仰天したり、鏡に自分の顔が映るのを見て幽霊が出たと思って鏡を放り投げたりした李朝末期ではないし、ましてや小銃で武装したお前たちに竹槍と弓矢で立ち向かい、カッ・パジ・チョゴリ(訳注:韓国の伝統衣装。それぞれ男性の帽子と上着、女性の上着)を着ていた19世紀末の朝鮮時代ではない。(注(管)へぇ、でも日本に合併される前までは自分達が文明後進国だったことはわかってるじゃん。エライ!)
1970年代初めには、我が国の国民所得がやっと千ドルだったのに対してお前たちは先進国水準である1万ドルを超えていて10対1の格差を見せていたが、今は2万ドルの所得で60%水準にまでなった。 自動車産業など一部の先端技術面ではまだ70〜80%ほどの水準で追い掛けていることは認めるが、半導体を筆頭にIT、造船、鉄鋼、建設(プラント)などの基幹産業では一歩も引けをとらず、むしろ先に進んでいる面もあることを知るべきだ。(注(管)何言ってんだか。殆どが劣悪なコピーまがい物しか作れないくせに。)かつて侵略国だった時代の優越感と傲慢に酔い、発展・変化しつつある隣国韓国の自尊心を傷つけて時代錯誤的な妄言を続け、理性を失い倫理道徳を忘れるならば、天に代わって誅罰があるであろうことを警告する。


ね!韓国って面白いwww
ファビョーン:*:・( ̄∀ ̄)・:*:





応援お願いします。ふざけんな、韓国。妄想は頭の中だけにしろ!と、思った方はクリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 豪 at 02:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題・朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。