2009年11月12日

奉祝 天皇陛下ご即位20周年

面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

undefined

image/2009-11-12T16:21:031

天皇、皇后両陛下は、陛下のご即位20年を祝う記念式典が行われる12日に先立ち、皇居・宮殿で記者会見に臨まれた。天皇陛下は、即位20年を迎えたことについて「多くの人々がお祝いの気持ちを表してくれることをうれしく思い、感謝しています。この機会に、わが国の安寧を、国民の健康と幸せを祈ります」と語られた。 陛下は、即位後の20年を回想してまず頭に浮かぶこととして、1989年の「ベルリンの壁の崩壊に始まる世界の動き」を挙げられた。今日の世界については「決して平和な状況にあるとはいえません」としながらも、「明るい面として考えられるのは、世界がより透明化し、多くの人々が事実関係を共有することができるようになったことです」と述べられた。

 陛下はそうした現代と対比する形で、過去に頻発した拉致問題に言及された。陛下は「それが行われた当時は今と違って、日本人皆が拉致の行われたことを事実として認識することはありませんでした。このため、拉致が続けられ、多くの被害者が生じたことは返す返すも残念なことでした」と発言された。

 一方、皇位の安定的継承が課題となっている皇室の将来についての質問には、陛下は「皇位継承の制度にかかわることについては、国会の論議にゆだねるべきであると思います」とした上で、「将来の皇室のあり方については、皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います」と語られた。

 日本の将来への心配として「次第に過去の歴史が忘れられてゆくのではないか」と明言された上で、「過去の歴史的事実を十分に知って未来に備えることが大切と思います」と述べられた。



天皇陛下ご即位20周年をお祝い申し上げますと共に、この後も末永くご健勝であられますよう、また、皇室並びに日本国の安寧と弥栄えを御祈念させていただきます。



undefined

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 16:32| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

一般参賀 靖国初詣

本日は皇居で行われた一般参賀、その後に靖国神社に初詣に行って来ました。

まずは、一般参賀に行かせてもらいました。

二重橋から皇居の中に入るのですが、厳密な荷物のチェックとボディチェックがあり、意外に時間がかかります。

その為に12時のお出ましに合わせて出掛けたつもりが間に合わず、次の13時の回まで一時間ほど待つはめに…。

ものすごい人だったのですがよく観察するとお年寄りの比重が多い中、結構若者や外人さんがいたのには驚きました。
(なんと!中国語を話しているカップルまでいました。)

そしてアナウンスが流れ天皇陛下、皇后陛下、皇太子ご夫妻に秋篠宮家のご夫妻がお出ましになられました。

陛下からのお言葉もあったのですが、すぐ後ろのおばさん二人組がうるさ過ぎてよく聞こえず…。

騒ぐなら表に出てろ!おばさん(怒)。って感じでした。

でもまぁ、お姿はしっかりと拝見できる位置でしたのでそれは良かったです。

本年も天皇、皇后両陛下がご健勝であられますことと御皇室の弥栄を御祈念する次第です。


その後は皇居の中を反対側に抜けてそのまま靖国神社へ参拝。
こちらもかなりの人だかりでした。

090102_1421~0001-0001.jpg

本年は政局において解散または任期終了にしてもこの日本の将来を左右する選挙が行われます。

売国勢力に政権を奪われ日本崩壊元年となるか?日本新生への元年になるか?
勝負の年です。

誇りある日本、美しい伝統ある日本を守っていく為に微力な存在ではありますが精一杯努力することを誓い、お力添えいただけるように、靖国に眠る英霊に真剣に祈りを捧げてまいりました。

P.S
地下鉄九段下の出口付近で「日本李登輝友の会」の方々が法務省入国管理局において在日台湾人の国籍が「中国」になっていることに対して「台湾」に修正を求める署名活動をされておりましたので署名に協力させていただきました。
署名活動に参加された皆様、お正月からお疲れ様でした。


ランキングに参加しております。
応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 18:48| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(5) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

【奉祝 天長節】 本日は今上天皇陛下 75歳のお誕生日です。

本日は今上天皇陛下の75歳のお誕生日です。

おめでとうございます。


国民の一人としてお祝い申し上げますと共に、陛下のご長寿並びにご体調の安定とご皇室の益々のご繁栄を祈念いたします。


ーーー以下、宮内庁ホームページより引用ーーー

h20-1223-1.jpg

天皇陛下のお誕生日に際してのご近影
    (写真:宮内庁)


天皇陛下のご感想


1 しばらくの間は,日程を軽くするようにとの医師の勧めに沿って,今回は,記者会見を取りやめることになりました。私の健康について人々が心配してくれていることに感謝します。最近は,体調もひところに比べて,良くなってきているように感じています。
2 今年は,日本に上陸した台風は一つもなく,天候に恵まれ,農作物もおおむね良い収穫が得られたことは喜ばしいことでした。それでも,全国各地で局地的な大雨が発生し,また,6月には岩手・宮城内陸地震が,7月には岩手県北部を震源とする地震が発生しました。これらの災害で,死者や住宅の損壊などの被害が生じたことは痛ましいことでした。岩手・宮城内陸地震の被災者が,冬を迎えて仮設住宅住まいを余儀なくされていることを案じています。
また,河川や下水道の急激な増水によって多くの人命が失われたことも,痛ましいことでした。
3 今年は,北京でオリンピック競技大会とパラリンピック競技大会が開催されましたが,それぞれの大会での日本選手の活躍振りは,心に残っております。
また,南部陽一郎博士,小林誠博士,益川敏英博士の3名の方がノーベル物理学賞を,下村脩博士がノーベル化学賞を受賞したことも,喜ばしいことでした。
どちらも,多くの人々に明るい気持ちと励ましを与えたことと思います。
4年前に新潟県中越地震の被災地を訪れた際には,ヘリコプターで上空から視察することしかできなかった旧山古志村を9月に訪れましたが,復興が進み,闘牛や錦鯉の養殖などが再開されていることを心強く思いました。
4 昨今,私や家族の健康のことで,国民に心配をかけていることを心苦しく思います。私も,健康に問題がないとは言えませんが,医師の注意を守り,これからも国と国民のため,また,より良き皇室の姿を求めて務めていきたいと考えています。皇太子妃が病気の今,家族が皆で,支えていくのは当然のことです。私も,皇后も,将来重い立場に立つ皇太子,皇太子妃の健康を願いつつ,二人の力になっていきたいと願っています。
5 世界的な金融危機に端を発して,現在多くの国々が深刻な経済危機に直面しており,我が国においても,経済の悪化に伴い多くの国民が困難な状況に置かれていることを案じています。働きたい人々が働く機会を持ち得ないという事態に心が痛みます。
これまで様々な苦難を克服してきた国民の英知を結集し,また,互いに絆を大切にして助け合うことにより,皆で,この度の困難を乗り越えることを切に願っています。
ーーーここまで引用ーーー


75歳というご高齢の上に不整脈などご体調がすぐれない中で我々、国民のことに心くだいてくださいます陛下の御心に深く感謝申し上げますと共に万世一系のスメラミコト家のますますのご繁栄をお祈り致します。


ランキングに参加しております。
応援クリックお願いします。
undefined
posted by 豪 at 12:28| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(6) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。