2013年01月01日

謹賀新年

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

2011-01-01T03_11_04-1.png



謹んで新年を迎えさせていただきましたこと、お祝い申し上げます。

昨年中におきましては、当ブログにご訪問くださいまして有難うございましたm(__)m

昨年暮れの衆院選において、稀に見る悪政、民主政権に楔が打たれ、待望の安倍内閣がスタートを切りました。

まだまだ、この夏には参院選を控え安倍内閣は万全な状態での政権運営とは言えませんが、民主政権が駄目にした経済、教育、外交と日本という国の復興を目指し、安倍総理は精力的に活動されています。そんな安倍総理を心ある、皆様と共に支え、日本と日本国民が真の意味で復活する。

日本再生への再スタートの良き年になりますように。

本年も一年間、よろしくお願いいたします(^_^)v


平成25年
元旦


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 03:13| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

【一歩、一歩 確実に】 今は辛抱強く安倍総理を支える時

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

少々、遅くなってしまいましたが、いよいよ第2次安倍内閣が発足いたしました。

第2次安倍内閣の閣僚名簿発表

 第2次安倍内閣の閣僚名簿が26日夕、発表された。
▼総理 安倍晋三
▼副総理・財務・金融 麻生太郎
▼総務 新藤義孝
▼法務 谷垣禎一
▼外務 岸田文雄
▼文部科学・教育再生 下村博文
▼厚生労働 田村憲久▼農林水産 林芳正(参)
▼経済産業 茂木敏充
▼国土交通 太田昭宏(公明)
▼環境・原子力防災 石原伸晃
▼防衛 小野寺五典
▼官房 菅義偉
▼復興・原発事故再生 根本匠
▼国家公安・拉致問題・防災 古屋圭司
▼沖縄・北方・科学技術 山本一太(参)▼消費者・少子化 森雅子(参)
▼経済再生・経済財政 甘利明
▼行政改革・公務員改革 稲田朋美

(2012年12月26日21時19分 読売新聞)


多少、疑問を感じる面子もいますが、民主党のデタラメな人事に政権運営と比べれば天と地の差があるでしょう。

そして早速、民主党政権下でダメダメになってしまった日本を取り戻す政治が開始されています。
↓↓↓↓↓↓
2012年政権奪還した安倍・自民党。
民主への総括開始。

福島原発事故で管前総理、海江田代表逮捕へ?
100人超を事情聴取。来春立件へ?

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121230/crm12123008430002-n1.htm

民主が削減した自衛隊員数、増員へ。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1356850245

民主が仕分けた道徳「心のノート」復活へ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121229-00001067-yom-pol

民主が仕分けた老朽化した橋や道路工事、前倒しへ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121229-00000217-yom-bus_all


他にも、外交面、経済面でも精力的に動いている安倍総理。

一部、来年の政府主催での竹島の日の式典を見送った件、村山談話の件で安倍総理を批判する方も見受けられますが…。

私の考えとして、公約にして選挙に勝ったのだから実行に移す。
これは当然のことで、尖閣への公務員駐留も含めて、是非ともやってもらいたいと思っています。
ただ、物事には優先順位があり、早く手をつけなくてはならないものと、そうではないものがあり、1つ1つ着実に実行に移していくしかないでしょう。

安倍内閣を支持したのは、私たちのようなネットウヨと称される層だけではなく、経済を何とかしてくれ。
復興を何とかしてくれ。と言う人たちも沢山います。

憲法改正にしても、国防のことに関しても、一気呵成にかたのつく問題ではありません。

なので、竹島の日も村山談話も「今は」しょうがないと思います。

辛抱強く、安倍総理を信じて支えていく事が大切だと思います。

何しろ、既存の政党では安倍自民を失ったら、今は後がない訳ですから。
何から何まで、最初から100%完璧で行け。
とは、言えません。

ただ、国民も馬鹿ではありません。

公約に掲げた事をキチンと守れないままなら、その時は国民から見放される、そういう危機感と自覚は持っていて欲しいと思いますm(_ _)m

また、安倍内閣はこちらでも民主政権からの方向転換を頑張ってくれているようです。
↓↓↓↓↓↓

【朝鮮学校無償見送り】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012122802000225.html - 39k

真紀子は朝鮮学校の無償化に積極的でしたが、とんでもないことです。

【拡散お願いします】
↓↓↓↓↓↓↓
文科省が公立高校無償化や支援についてパブコメ募集始めました。

パブリックコメント:意見募集中
教育
公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則の一部を改正する省令案


http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000617&Mode=0
朝鮮学校無償化求める要望がたくさん集まると予想されますので反対の要望をたくさん出して下村文科相を支えて下さい

在日による組織票で、「無償化しろ」という意見がいっぱい届くでしょうから、みなさんの意見も文科省に届けましょう。

辛抱強く、安倍内閣を支えよう。
と思う方はクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。


P.S

本年も大晦日を迎えました。

前途多難ではありますが、日本の憲政史上最悪とも言える民主党政権に終止符が打たれ、安倍内閣が発足したことで、少しは気の休まる状況で、新年が迎えられそうです。
当ブログはこの一年、更新頻度が酷く落ちた年でしたが、それでも多くの方にご訪問いただき、感謝で一杯です。

久しぶりにご報告ですが、当ブログは開設から、この30日までで約62万回のアクセスをいただきました。


また、日々の訪問数も一番多かった時期に比べて随分と少なくなってしまいましたが、それでも平均して370人前後の方にご訪問いただいております。
有難うございますm(..)m


来年もこれに似た状態が続いていくと思われますが、皆様、気が向いた時にでもご訪問いただければ幸いです。

それでは、良いお年をお迎え下さい(^-^)v
posted by 豪 at 00:31| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

【奉祝】天長節

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ph1-h24e-birthday3.jpg



24年度、天長節一般参賀お言葉

誕生日にあたり、みなさんの祝意に深く感謝します。

今年の2月には心臓の手術を受けたことから、多くの人々に 心配をかけました。現在は普通と変わりなく生活していますの で、どうか安心して下さい。

昨年3月11日に起こった 東日本大震災 では、多くの人々 が被災地を訪れるなど、 被災者 のために力を尽くしてきたこ とは非常に心強いことでした。今日ここにこられたみなさんの 中にも、 被災者 のためにさまざまに心を遣(つか)ってきた 人々がおられることと思い、ここに感謝の気持ちを表します。

厳しい年であった今年も、もうあとわずかになりました。こ れからも私どもは 被災者 のことを思いつつ、国民みなの幸せ を願って過ごしていくつもりです。来る年がみなさん一人びと りにとってよい年であるよう祈っています。



http://www.youtube.com/watch?v=S6eR2LJOa7Q

本日は、(何かと本日は忙しく、記事をUPするのが、遅くなり正確にはすでに昨日になってしまっていますが。)天長節でした。

今上天皇陛下が本年もこうして、天長節をお迎えするかとが、出来ましたこと、日本国民の一人として心よりお祝い申し上げます。

私も11時の一般参賀に行かせていただき、上記の陛下のお言葉を直接、拝聴させていただきました。

毎回、毎回、陛下のお声を直接聞かせていただき感じることは常に我々国民のことを気にかけ、祈って下さっていらっしゃるということです。


陛下が発っせられる、言霊の波動が参賀に訪れた人々の魂を優しく包み込むような瞬間です。


これは、比べる対称にもならず、大変無礼なことではありますが、己の保身のみを考えて口先だけ耳障りの良い言葉を並び立てる国籍不明の政治家にはとても真似出来ることではありません。

このような、尊い万世一系の御皇室をいただく日本という国は、それだけで大変有難いことだと改めて思わせていただきました。

皇室典範改正や、女性宮家など皇室の存続を非常に危ぶむ案が取り沙汰されることが多い昨今ですが、日本国民の一人として、天皇、皇后両陛下、並びにご皇室の皆様方の末長い安寧と弥栄えを深くご祈念申し上げさせていただきます。

天皇陛下、万歳\(^o^)/
と、思う方はクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 00:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

キミとボク

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

天下分け目の衆院選が終わり、安倍内閣誕生を願い、応援されていた皆様お疲れ様でした。

既に、マスゴミや、反日勢力との新たな戦いが始まっていますが、本日はそんな中、少し気分を癒すのも良いかと思い、ひとつ映画を紹介したいと思います(^-^)v

いつもなら、映画館で鑑賞したものをご紹介するのですが、本日はDVD で鑑賞したものです。

【キミとボク】

top.jpg

「映画解説」
クリエイターとして多方面で活躍するやまがらしげとの実話を原案にしたFlashア ニメーションを、書籍化に続いて実写映画化した感動ストーリー。アメリカンショートヘアの猫と漫 画家を目指す青年が出会い、心の交流とやがて訪れる別れのドラマを、優しい 目線で切々と映し出す。『BECK』『大奥』の中村蒼が主人公の青年を好演 するほか、猫の銀王号の声を『劇場版空の境界』シリーズ、アニメ「黒執事」の坂本 真綾が担当。大切な家族との別れを描くテーマに共感確実。

ある年の七夕の日、漫画家を目指すべく上京してきた青年(中村蒼)が、アメリカン ショートヘアの子猫と出会い、一緒に暮らし始める。七夕にちなみ、銀王号と名付 けられた子猫と青年は、さまざまな交流を経て家族のような関係になって いく。やがて10年の歳月が流れ、銀王号の体に異変が生じ……。

以下、こちらは映画の本編になります。
↓↓↓↓↓

キミとボク@

http://touch.dailymotion.com/video/xppggz_kimi-to-boku-cd1-yeppudaa-com-icindir_shortfilms_786814

キミとボクA

http://touch.dailymotion.com/video/xppghg_kimi-to-boku-cd2-yeppudaa-com-icindir_shortfilms_760399


いかがでしたか?

45分というショートムービーなので、テレビドラマを一本見るような気軽さで見れるのも良いですよね。

また、猫に限らずペットが家族の一員のような存在になっている人には共感出来るものが沢山あったのではないでしょうか?

通常ですと、私の拙いレビューを書いてみるのですが、これに関してはYahoo映画のお気に入りレビュアーさんがとでも良いレビューを書いて下さっているので、そちらをご紹介します。

ーーーーー以下、引用ーーーーー

猫LOVEな方は必見作品。 もちろん私も猫LOVEだ。 新宿では午前しか上映がないので何年かぶり に池袋へ。 たった45分のショートムービーではあるが足を運ん で後悔なし。

なにせ子猫がカワイイ。 ペットショップに立ち寄って子猫を眺めるしか趣 味がないの私だ。(ウソつけ!) 子猫ちゃんを45分愛でるだけの映像でも喜 んで出向くだろう。 相手が中村蒼なのも良し。 これが美女美少女ならばどちらにフォーカスして いいかわからなくなるからだ。

漫画家になる夢を持ち、福岡から上京して来 た青年。 その夜、七夕の夜、彼は一匹の子猫と出会う。 里親が見つかるまでと思っていた。 やがて引き取り手が現れる。 しかしもう離れられない。 彼はその「銀王号」と名付けた猫と、ともに暮 らす決意をする。

本作は青年と銀王号との10年に及ぶ生活を 描いた作品だ。 出会い、生き、やがて死ぬ。 冒険があるわけではない。 問題提起や人間批判などもちろんない。 出会いと別れ。 ただそれだけの作品なのである。 それだけの作品なのに涙が溢れてしまうのは 、私が猫LOVEだからだろうか。

本作の特徴は猫の心の声が聞こえてくるとこ ろだ。 「ボク」としての声を坂本真綾が演じている。 女性声優にはあまり詳しくないのでどういう 人物か全く知らないが、澄み切った心地の良 い声を聞かせてくれる。

そしてこの心の声が泣かせるのである。 これは反則技だと思いつつも涙が溢れてしま う。

ボクはずっと、そばにいるから。 ずっと、ともだちだよ。

これほどまでに愛してくれる存在がそばにい ることは、どんなに幸せなことか。 これほどまでに愛しい存在を失うことは、ど んなに悲しいことか。

この作品が描くのはそれだけだ。 それで十分なのである。

私自身、猫にはいろいろと思い出がある。 人間と動物の関係について思うこと、考える こと、知っておかなくてはならない現実も多 々ある。 それらについては他作品のレビューで述べてい るのでここでは述べない。

ただやはり思う。 犬や猫の一生は、人間より短い。 動物を飼うということは、やがてその死に直 面するということだ。 だがそうやって彼らは、人間に死というもの を教えてくれるのだ。 素敵な思い出と、愛情のカケラを遺して去ってい く。 それを胸にしまい、人はまた、前に向かって生 きて行くのだ。

ーーーーーここまで引用ーーーーー


銀王号可愛い!と思った方はクリックお願いします。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

衆院選 自民圧勝 祝 安倍政権誕生!

ご面倒お掛けします。まずは最初に忘れずクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

image/2012-12-17T00:44:16-1.jpg

第46回衆院選は16日、投開票された。
出口調査の結果、自民、公明両党が計300議席を超す見通しとなった。
自公両党が3年3カ月ぶりに政権を奪還し、安倍晋三内閣が誕生する。
ソース:産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121216/elc12121620000089-n1.htm


 12月16日投開票の第46回衆院選は、午後8時過ぎから開票が始まり、自民党が絶対安定多数議席(269議席)をはるかに上回る議席を獲得し、現時点で自公合わせて300議席を超えている様子。

【祝】安倍政権誕生、万歳!万歳!万歳!

いゃ〜、実に長く感じた3年3ヶ月でした。

この間に日本が失ってしまったものは、実に多いですが、本日を機に日本再生への再スタートです。

日本を取り戻す。

これからが本番です。
良識ある国民の皆様で安倍政権を支えていきましょう。


そして、
【落選速報】

●菅直人(民主)
(比例で復活の可能性は有り)

●仙谷由人(民主)
比例復活もならず落選

●田中真紀子(民主)
比例復活もならず落選

●山岡賢次(民主→未来)

●小宮山洋子(民主)

●山本太郎(無所属)

●松本龍(民主)

●松崎哲久(民主→未来)

●原口一博(民主)
↑↑↑↑↑
実に、軽く思いつくだけで、珍妙、奇妙な行動や発言をして日本を混乱に貶めた売国奴達が落選しています。

う〜ん、実に気分がいいね〜www
そして何より嬉しいのは
↓↓↓↓↓
北海道11区、2009年に故・中川昭一氏を破った石川知裕氏が敗北確実。
故・中川昭一氏の妻・中川郁子氏が当選確実。
↑↑↑↑↑
小沢の私腹を肥やす犯罪に手を染めておきながら、のうのうと議員をやっていた石川を破り、故・中川昭一氏の奥様が当選!
弔い合戦を見事に制した模様。
おめでとうございます!
祝、自民圧勝。
祝、安倍政権誕生。

と思う方はクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本ブログ村
「政治・社会問題」

ランキングに参加しております。

応援クリックお願いします。
posted by 豪 at 01:11| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。